横開き自動ゴミ箱おすすめランキングTOP6 | ニオイ漏れが少ない商品をご紹介

自動ゴミ箱愛好家のセタです。これまで8種類の自動ゴミ箱を購入し使ってきましたが、友人に譲るなどして今では大小あわせて6台を各部屋に配置し愛用しています。

愛用中の6台

そんな何台も欲しくなる魅力ある自動ゴミ箱ですが、商品を選ぶ上で、まず縦開きタイプにするか横開きタイプにするかを決める必要があります。

個人的おすすめはニオイ漏れが少ない横開きタイプです。

縦開きはフタが開くときに中のニオイがモワっと出てくるのがデメリットでしたが、横開きならその心配はありません。横に開くタイプなので棚の下においても問題なく開閉できるのもうれしい点ですね。

今回は自動ゴミ箱を知り尽くした私がおすすめする横開き自動ゴミ箱をランキング形式で紹介いたします。

縦開きも混ぜた総合おすすめランキングを知りたい方はこちら▼
読む自動開閉ゴミ箱ランキングTOP10 | 6つ愛用中の私が選んだおすすめ商品を徹底比較

横開き自動ゴミ箱を徹底比較

価格容量ゴミ袋のサイズカラー本体サイズ
(幅×奥行×高さ)
必要な
電池の本数
商品重量

さくらドーム
ZitA
約16,980円58L45Lホワイト
シルバー
ブラック
33.5×33.5×66.5cm単2×2本
(別売りの変換パーツで
単3×2本も可)
3.08kg

さくらドーム
ZitA mini
約14,980円40L30Lホワイト
シルバー
ブラック
33.5×33.5×46.2cm単2×2本
(別売りの変換パーツで
単3×2本も可)
2.53kg

ottostyle.jp
47L
約9,000円47L45Lクローム27×42×66.5cm単1×2本
(別売り)
3.1kg

Varias
DiETZ
約8,200円47L45Lブラック
コンクリートブラック
オフホワイト
42×27.8×66.5cm単1×2本
(別売り)
3.1kg

ottostyle.jp
12L
約5,900円12L20Lクローム24×24×44.5cm単1×2本
(別売り)
1.9kg

MAXZEN
JG047MT01
約9,280円47L45Lホワイト
シルバー
ブラック
42.1×27.8×66.5cm単1×2本
(別売り)
3.1kg

横開きタイプの自動ゴミ箱の価格平均は、サイズの小さいもので5,000~6,000円程度大きいもので10,000~15,000円程度です。決して安いものではないですが、1度購入すれば長く使っていける商品です。

カラー展開している商品もあります、黒・白・シルバーあたりが多いですね。

電池は基本的に別売りです。ZitAのみ単2や単3電池が使用できますが、今では珍しい単1電池を必要とする自動ゴミ箱が多いようです。

絶対にチェックしておきたいのは「価格、サイズ、カラー」ですね。ここを抑えたうえでランキングをみていきましょう。

愛好家が選んだ!横開き自動ゴミ箱おすすめランキング

さくらドーム ZitA

同梱品本体
フタ
リング
日本語の説明書
カラーホワイト
シルバー
ブラック
素材本体:ステンレスSUS430
フタとリング:ABS樹脂
重量全体:3.08kg
フタ:0.75kg
電池アルカリ単2電池×2本
変換パーツを使えば単3×2本
電池の有無付属しない
対応ゴミ袋45L
最大容量58L

株式会社さくらドームが販売している自動ゴミ箱のZitA(ジータ)。

ZitAは内羽と外羽があることにより、フタが開いた時に本体から少ししかフタがはみ出ない設計になっています。

横開きのメリットである棚下に置けるというポイントに合わせ、フタがはみ出ないので狭い隙間にも置けるという点はZitAの最大の特徴と言えます。

また福岡県糸島市に本社を置いている日本の企業がZitAを作っているので、購入後のサポートも手厚いです。過去に公式オンラインストアで電池の持ちに関する誤表記があった際も「返品&返金」などしっかりと対応してくれました。

「満足できなければ、30日以内なら返品OK」という強気さも、商品への自信があるからこそだと思います。

ちなみに我が家にある自動ゴミ箱の6分の3はZitAです。今回紹介する中では1番高価な商品ですが、日本のメーカーが作っている自動ゴミ箱で、サポートもしっかりしているものと言えばZitAくらいなので、後悔はしていませんし、むしろ非常に満足しています。

ZitAはこんな人におすすめ
  • 日本のメーカーが販売していて、購入後のサポートがしっかりしている商品がいい人
  • 自動ゴミ箱を狭い隙間に置きたい人
  • 試しに購入してみたい人(30日以内なら返金OK)
  • 購入後、長く愛用していきたい人(もし壊れてもフタのみ購入可能)
ZitA商品はZitA公式サイトからの購入がお得。
  • 価格は同じ
  • 30日間の返品・返金保証(基本どんな理由でもOK)
  • 2個以上のまとめ買いで5%オフ
  • 3~7営業日以内に出荷
  • 偽物に当たる心配がない
  • 単3電池が使えるようになる電池サイズ交換パーツが付いてくる

さくらドーム ZitA mini

同梱品本体
フタ
リング
日本語の説明書
カラーホワイト
シルバー
ブラック
素材本体:ステンレスSUS430
フタとリング:ABS樹脂
重量全体:2.53kg
フタ:0.75kg
電池アルカリ単2電池×2本
変換パーツを使えば単3×2本
電池の有無付属しない
対応ゴミ袋30L
最大容量30L

さきほど紹介したZitAに引き続き、ZitAより一回り小さい40Lタイプの商品がZitA miniです。

ZitAより狭い隙間や、テーブル下などに置きたいときにZitA miniが役立つでしょう。

ちなみにサイズ以外のスペックはZitAとほぼ同じです。フタも同じつくりなので、同じカラーを買えば使いまわしも可能です。

▼ZitAとZitA miniの違いを細かく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。
読むZitAとZitA miniの違いを3台愛用中の私が徹底解説

私はZitAをリビングとキッチン。ZitA miniを洋室(仕事部屋)に置いて使っています。今後ZitA専用のキャスターが販売されるそうなので、ゴミ捨てや掃除の際の移動も楽になりそうです。

ZitA miniはこんな人におすすめ
  • ZitAは少し大きいと感じる人
  • 日本のメーカーが販売していて、購入後のサポートがしっかりしている商品がいい人
  • 自動ゴミ箱を狭い隙間に置きたい人
  • 試しに購入してみたい人(30日以内なら返金OK)
  • 購入後、長く愛用していきたい人(もし壊れてもフタのみ購入可能)
ZitA商品はZitA公式サイトからの購入がお得。
  • 価格は同じ
  • 30日間の返品・返金保証(基本どんな理由でもOK)
  • 2個以上のまとめ買いで5%オフ
  • 3~7営業日以内に出荷
  • 偽物に当たる心配がない
  • 単3電池が使えるようになる電池サイズ交換パーツが付いてくる

ottostyle.jp 47L

カラークローム×ブラック
素材ABS樹脂、ステンレス
重量3.1㎏(電池含まず)
電池単1×2本
(別売り)
電池の有無付属しない
対応ゴミ袋45L
最大容量47L

株式会社クローバーが運営するottostyleというブランドの自動ゴミ箱。

横幅42cm・奥行き27㎝のかまぼこ型の本体が特徴で、最大容量も47Lと大きいのでキッチンやリビングでの使用に大きく活躍してくれます。

フタの開閉時に「ウィーンウィーン」というモーター音が鳴る点や、おもちゃっぽさが目立つという意見があったので、そこをどう評価するかですね。

ottostyle.jp 47Lはこんな人におすすめ
  • 1万円を切る商品を探している人
  • 壁ピタできるかまぼこ型の商品が良い人
  • 動作音を気にしない人

Varias DiETZ

同梱品本体
フタ
ゴミ袋用リング
保証書付き取扱説明書
カラーブラック
コンクリートブラック
オフホワイト
素材ステンレス
重量3.1kg
電池アルカリ単1電池×2本
電池の有無付属しない
対応ゴミ袋45L
最大容量47L

株式会社Varias(ヴァリアス)が販売している自動ゴミ箱DiETZ(ディーツ)は安心安全の日本ブランドです。

本体は壁に引っ付けて置ける「D」の形をしているので、壁際が似合うデザインになっています。

フタの部分をZitAと比較すると、本体からフタがはみ出るので置く場所に注意が必要ですが、ゴミを捨てる部分横幅が約33.5cmもあるので「ゴミの捨てやすさはあるのかな」という感じです。

保証期間は2年間と長いですが、保証期間を過ぎるとフタのみの販売がないので丸ごと買い替える必要がある点も注意しておきましょう。

DiETZはこんな人におすすめ
  • なるべく安く購入したい人
  • 壁ピタできるかまぼこ型の商品が良い人
  • 保証期間が長い商品がいい人

ottostyle.jp 12L

カラークローム
素材ABS樹脂、ステンレス
重量1.9㎏(電池含まず)
電池単1×2本
(別売り)
電池の有無付属しない
対応ゴミ袋20L
最大容量12L

ottostyle.jpの小型自動ゴミ箱12Lタイプです。

12Lタイプというと膝の高さもないほど小さい商品なので、トイレや洗面所、寝室などに置いて使うのにおすすめです。

小型の横開きタイプは商品の数がかなり少ないので、おすすめはこの商品とZitA miniくらいです。後はよく分からない中華製品ばかりです。

ottostyle.jp 12L自動ゴミ箱の最大の特徴はセンサーの角度を前後に135度調節できるところです。これによりゴミ箱の横を通るときに、誤動作でフタが開いてしまう心配がなくなります。

ottostyle.jp 12Lはこんな人におすすめ
  • 12Lタイプの小さな横開き自動ゴミ箱が欲しい人
  • トイレや洗面所に置きたい人
  • センサーの角度調節に魅力を感じた人

MAXZEN JG047MT01

カラーホワイト
シルバー
ブラック
素材ふた/リング/底面:ABS樹脂
本体:ステンレスSUS430
重量3.1㎏(電池含まず)
電池単1×2本
(別売り)
電池の有無付属しない
対応ゴミ袋45L
最大容量47L

家電ブランドのマクスゼン株式会社が販売する自動ゴミ箱がJG047MT01です。

先ほど紹介したDiETZに似た形状で、特徴もかなり似ているので「参考にして作ったのかな」という感じ。サイズや重量、センサーの位置もほぼ同じです。

違うのは価格とメーカー保証の長さとカラー展開くらいですね。

あとは好みで選べばいいかなという感じですが、価格はDiETZの方が安く、メーカー保証もDiETZの方が1年長いので、かまぼこ型の自動ゴミ箱が良いならDiETZ一択でしょう。

MAXZENのデザインが気に入ったなら、購入するのもありだと思います。

JG047MT01はこんな人におすすめ
  • 1万円を切る商品を探している人
  • 壁ピタできるかまぼこ型の商品が良い人
  • カラーが統一されたデザインに魅力を感じた人

ここまで横開きタイプの自動ゴミ箱のおすすめ商品を紹介しました。

▼自動ゴミ箱に興味を持った方、まだ検討中の方は以下の記事もあわせて参考にしてください。
読む自動ゴミ箱の選び方 | 失敗しない買い方のポイントを徹底解説
読む自動開閉ゴミ箱ランキングTOP10 | 5つ愛用中の私が選んだおすすめ商品を徹底比較
読む自動開閉ゴミ箱ZitA(ジータ)をレビュー
読む自動開閉ゴミ箱ZitA(ジータ)の口コミと評判
読む自動ゴミ箱のメリットとデメリット | 6台愛用中の私が良し悪しを徹底解説
読むZitAとZitA miniの違いを3台愛用中の私が徹底解説

コメントを書く