8月31日までエアコンクリーニングが1010円OFF

【2018年版】一人暮らしにおすすめの洗濯機ランキング6選。選び方も解説

ランキング更新日:2018年6月9日

洗濯機は種類やサイズが沢山ありすぎて、選ぶのに迷ってしまうと思います。

そこで今回は「一人暮らし」の方にオススメしたい洗濯機を約25種類の製品の中から選別して、特にオススメの縦型TOP3ドラム式TOP3を選んできました。

これから洗濯機を買おうと検討している方は、是非参考にしてください。

一人暮らしなら縦型とドラム式どちらがオススメ?

以前「一人暮らしには縦型とドラム式どっちがオススメ?徹底比較してみた」という記事でも解説しましたが、ここでも少し説明しておきます。

洗濯機は大きく分けて、ドラム式縦型の2種類に分類されます。

まずは2つの特徴から見ていきましょう。

縦型の強みは、頑固な汚れも落とす「洗浄能力」

縦型は何といっても洗浄力が高いのが特徴です。

いつも汗をかく仕事をしていたり、体を動かすサークルに入っていたりするのなら縦型がオススメです。

縦型は乾燥機能に劣ってるので、洗い終わった後に毎回干す必要性があります。

ドラム式の強みは干さなくても済む「乾燥能力」

ドラム式は節水力が高く、お水をあまり使わずに洗濯物を洗うことが可能なので水道代を安くできます。

一番の特徴は乾燥が得意だという所です。

外出前に洗濯機を回したら、帰宅後には洗濯物がフワフワに乾いた状態になっているので縦型のように干す手間を省けます。

ドラム式は洗浄力が弱いので、ひどい汚れは落とせない場合があります。

どちらにも利点・欠点はあるので、自分のスタイルに合った洗濯機を選んでみてください。

洗濯機のドラム式と縦型を徹底比較!一人暮らしならどっちがいい?

一人暮らし用の洗濯機の容量を選ぶポイント

メーカーや洗濯機の種類が決まったとしても、まだ悩むことがあります。

それが容量です。

詳しくは以下の画像をご覧ください。

1.5㎏なら一番小さい洗濯機でも大丈夫じゃない?と思うかもしれませんが、ある程度余裕を持ったほうが綺麗に洗濯されやすいです。

ベッドシーツを洗ったり、まとめ洗いをする人は7㎏以上は必要だと思います。

それも頭に入れて洗濯機を選んでいきましょう。

一人暮らし用の洗濯機ランキング

縦型洗濯機のオススメ3選

順位メーカー商品名カラー他のサイズ
1位日立
BW-V80B
ホワイト(-W)
シャンパン(-N)
BW-V70B
BW-V90B
BW-V100B
2位東芝
AW-8D6
ホワイト(-W)AW-7D6
3位パナソニック
NA-FA80H5
ホワイト(-W)
シャンパン(-N)
NA-FA70H5
NA-FA90H5
NA-FA100H5

ドラム式洗濯機のオススメ3選

順位メーカー商品名騒音値(洗濯/脱水/乾燥)洗濯容量乾燥容量
1位シャープ
ES-S7C
24/39/36 dB7 kg3.5 kg
2位日立
BD-SG100BL
34/37/48 dB10 kg6kg
3位パナソニック
NA-VX3800L
32/42/46 dB10 kg6 kg
【ランキングの決め方】
当サイトでは、実際に一人暮らし用の洗濯機を購入した方のレビュー「一人暮らし用の洗濯機の選び方」にある項目を元に、吟味に吟味を重ねてランキングを決定いたしました。ぜひ一人暮らし用の洗濯機選びの参考にしてください。

【縦型】第1位:日立 BW-V80B


2017年の5月に発売された日立のビートウォッシュというモデルです。

  • サイズ:608(幅)×1,000(高さ)×610(奥行)mm
  • 設置可能な防水パンサイズ:530mm以上
  • 洗濯容量:8kg
  • 騒音値:32/38dB(洗濯時/脱水時)

以前住んでいた賃貸で、この日立のビートウォッシュの一つ前の型を使ってたのですが「洗浄力・静音性・使いやすさ」全てにおいて、とても満足していたのでオススメします。

操作パネルもとても見やすくて、直感的に操作することができます。

価格.comでの売れ筋ランキングでも1位なので誰もが認める縦型洗濯機と言っていいでしょう。

8㎏サイズじゃ少し小さいという方には、9㎏と10㎏サイズもあるのでご検討ください。

BW-V80Bはこんな方にオススメ

  • 一番使いやすい製品が良い方
  • 汚れをしっかりと落としたい方
  • 評価の高い製品が良い方

「洋服のゴムが伸びやすいかもしれない」という意見もあったので、大切にしている洋服はネットに入れて洗濯するようにしてください。

日本製なので長く使っていけると思います。

日立(HITACHI)
¥69,000 (2018/07/17 22:12:35時点 Amazon調べ-詳細)
日立(HITACHI)
¥74,750 (2018/07/17 22:28:43時点 Amazon調べ-詳細)
日立(HITACHI)
¥77,460 (2018/07/17 23:23:27時点 Amazon調べ-詳細)
日立(HITACHI)
¥83,800 (2018/07/18 01:48:03時点 Amazon調べ-詳細)

【縦型】第2位:東芝 AW-8D6


2017年の5月に発売された東芝のZABOONというモデルです。

  • サイズ:600(幅)×980(高さ)×569(奥行)mm
  • 設置可能な防水パンサイズ:510mm以上
  • 洗濯容量:8kg
  • 騒音値:26/37dB(洗濯時/脱水時)

静音性においては、一番静かな製品です。

洗濯時の騒音値26dBは「人のささやき声」程度の音なので、本当に動作音が小さいと言えます。

1位のビートウォッシュとどちらを買うか悩んだ末、ZABOONを購入した人の意見によると「洗濯後に洗濯物を取り出す際に絡みが少ない。ザブーンには期待していなかっただけにかなりの良製品で感激した。」と言っていました。

性能も大差がないと言えるでしょう。

AW-8D6はこんな方にオススメ

  • 一番静かな製品が良い方
  • 電気代を抑えたい方
  • 洗濯容量「7㎏」の洗濯機が欲しい方
東芝
¥106,000 (2018/07/18 02:06:20時点 Amazon調べ-詳細)
東芝(TOSHIBA)
¥57,800 (2018/07/17 22:41:08時点 Amazon調べ-詳細)

【縦型】第3位:パナソニック NA-FA80H5


2017年の6月に発売されたパナソニックの泡洗浄を搭載したモデルです。

  • サイズ:599(幅)×1,012(高さ)×610(奥行)mm
  • 設置可能な防水パンサイズ:540mm以上
  • 洗濯容量:8kg
  • 騒音値:32/39dB(洗濯時/脱水時)

操作パネルが奥の方にある斬新なデザインが特徴の製品です。

1位2位の製品よりも優れている点としては「糸くずフィルター」がよく機能してくれるところですね。

泡洗浄という衣類を泡で包んで汚れを浮かせてしっかりと洗う機能もあり、洗浄能力としてはとても長けていると感じました。

NA-FA80H5はこんな方にオススメ

  • 洗濯の質を求める方
  • オシャレなデザインが良い方
  • 背が低い方

投入口の高さが873cmと低いので、背の低い方でも洗濯物が出し入れしやすいようになっています。

価格は一番高いですが、買って間違いはない製品なのは確かだと言えるでしょう。

パナソニック
¥59,500 (2018/07/17 23:54:53時点 Amazon調べ-詳細)
Panasonic
¥70,600 (2018/07/17 22:59:53時点 Amazon調べ-詳細)
パナソニック
¥79,000 (2018/07/18 00:15:06時点 Amazon調べ-詳細)
パナソニック
¥82,700 (2018/07/17 22:51:09時点 Amazon調べ-詳細)

【ドラム式】第1位:シャープ ES-S7C


2018年の2月に発売されたシャープのプラズマクラスター付きの最新のモデルです。

  • サイズ:640(幅)×1,039(高さ)×600(奥行)mm
  • 設置可能な防水パンサイズ:540mm以上
  • 洗濯/乾燥容量:7kg/3.5kg
  • 騒音値:24dB/39dB/36dB(洗濯時/脱水時/乾燥時)

一人暮らしにドラム式洗濯機は「無理、デカくて置けない、動作音がうるさい」という時代はもう終わってます。

このシャープのES-S7Cなら、通常サイズの防水パンに置くことが出来るコンパクトサイズなので、1Kや1Rの方でも購入できる大きさです。

更に騒音レベルに関しては、今回紹介した縦型洗濯機と同レベルと言っていいほど静音性に優れています。

アピールポイントは山ほどありますが「一人暮らしだけどドラム式洗濯機を使ってみたい!」という方には、とことんオススメできる製品です。

ES-S7Cはこんな方にオススメ

  • 1kや1Rでドラム式を置きたい方
  • なるべく安いドラム式洗濯機が欲しい方
  • 一番静かな製品が良い方

防水パンのサイズはOKだとしても「搬入時に家のドアを洗濯機が通らない」という例がたまにあるので、そこも必ず確認するようにしてください。

シャープ(SHARP)
¥119,061 (2018/07/18 01:48:04時点 Amazon調べ-詳細)
シャープ(SHARP)
¥124,344 (2018/07/18 05:54:43時点 Amazon調べ-詳細)

【ドラム式】第2位:日立 BD-SG100BL


2017年の9月に発売された日立のビックドラムというモデルです。

  • サイズ:630(幅)×1,050(高さ)×715(奥行)mm
  • 設置可能な防水パンサイズ:540mm以上
  • 洗濯/乾燥容量:10kg/6kg
  • 騒音値:34/37/48dB(洗濯時/脱水時/乾燥時)

防水パンサイズが540mm以上あれば置くことはできますが、奥行が71cmあるのでサイズが気になる方は確認しておく必要があると思います。

壁の薄い家(木造やアパート)に住んでる方は、深夜にこの洗濯機を回すと苦情が来るかもしれないので、鉄筋コンクリートに住んでる方にオススメです。

洗浄能力や乾燥能力は申し分ないですし、乾燥は6㎏まで出来るので一人暮らしなら大変満足できるレベルであると言えます。

ビックドラムは乾燥後のシワが少ないので、ワイシャツやもそのまま着ることが出来るのでサラリーマンやOLには嬉しい点ですね。

BD-SG100BLはこんな方にオススメ

  • 鉄骨や鉄筋コンクリートの家に住んでいる方
  • 奥行71cmでも大丈夫な方
  • 週末にまとめて洗濯したい方
  • 乾燥機能を沢山使いたい方
日立(HITACHI)
¥118,500 (2018/07/18 00:07:33時点 Amazon調べ-詳細)

【ドラム式】第3位:パナソニック NA-VX3800L


2017年の10月に発売されたパナソニックの泡洗浄とヒートポンプ乾燥機能を搭載したモデルです。

  • サイズ:639(幅)×1,021(高さ)×722(奥行)mm
  • 設置可能な防水パンサイズ:540mm以上
  • 洗濯/乾燥容量:10kg/6kg
  • 騒音値:32/42/46dB(洗濯時/脱水時/乾燥時)

機能的には1位でも良いですが、サイズや騒音レベルが今回選んだ3つの中で一番高くて1人暮らしの家に置くには少し難しいかもしれないという理由で3位に決定しました。

ある程度広い1LDKや2LDKに住んでいて、なおかつお金に余裕がある方には一番オススメしたい製品です。

乾燥後に毎回行うお手入れもとても簡単なので、面倒臭がりな方でも安心して使えると思います。

NA-VX3800Lはこんな方にオススメ

  • 鉄骨や鉄筋コンクリートの家に住んでいる方
  • 奥行72cmでも大丈夫な方
  • とにかく高機能な製品が良い方
パナソニック
¥159,900 (2018/07/18 01:48:05時点 Amazon調べ-詳細)

新生活を始める方は他の家電も合わせて確認しておきましょう。

【2018年版】一人暮らしにおすすめの冷蔵庫ランキング5選。選び方も解説 【2018年版】一人暮らしにオススメの電子レンジランキング6選

コメントを残す