8月31日までエアコンクリーニングが1010円OFF

エアコンの直風による深刻な影響やそれを防ぐ対策法まとめ

最終更新日:2018年6月9日

エアコンは寒過ぎる部屋や暑すぎる部屋を快適な温度に調節してくれる、非常に便利な電化製品ですよね。

個人的には「もしエアコン無しの時代にタイムスリップしてしまったら絶対暮らしていけない」そんな風に思ってしまうくらい、エアコンの恩恵にどっぷり浸かり生きています。

しかし何事もほどほどが1番です。

エアコンはあくまでも部屋全体の温度を調節してくれるもので、エアコンの風に直接当たり続けるのは良くないという事はご存知でしょうか?

直接風に当たり続けるとどのような症状を引き起こしてしまうのでしょう。

また暑くて寝苦しい夏の夜、あるいは体が冷えて寝付けない冬の夜、エアコンを付けっ放しで寝ていませんか?

これって健康的にはどうなのでしょうか?今回はそんなエアコンに関する疑問を調査してみました。

エアコンの風を直接受けると深刻な健康被害を及ぼす

エアコンの風を直接受ける事によって、以下のような体に良くない様々な影響を及ぼしてしまいます

  • 肩こり、腰痛
  • 免疫力低下
  • むくみ
  • 食欲不振
  • 便秘や下痢
  • 疲労感

人間の体は基本的に自分の体温を調節する力を備えていますが、急激な温度変化により自律神経の乱れが生じます。

自律神経の乱れにより免疫力が低下し、風邪、便秘や下痢、異常な疲労感や食欲不振を引き起こします。

また喉や鼻の乾燥によって粘膜機能が低下し、風邪の菌やウイルスが喜んで体に進入してきます。

こちらが原因で風邪を引いてしまう場合もあります。

冷房の場合は冷えによる肩こりや腰痛も辛いですね。

対策は保湿や風向きを工夫する事

  • マスクをする
  • 小型加湿器を置く
  • コップ一杯の水を置く

喉の乾燥による対策は、上記のような方法があります。

乾燥させない事が大切なので、とりあえず水入りのコップを置いておくだけでも効果はあります。

暑すぎる・寒すぎる時は、厚着をする・薄着をする等服装に気を付ける事も重要です。

エアコン自体を何とかする方法としては以下の方法があります。

  • エアコンの風の向きの工事を業者さんにお願いする
  • エアコンの風向きを上に固定したまま止めておく
  • 扇風機を付けてエアコンの風向きを変える

理想的なのは工事で風向きを変えてしまう事でしょうか。

費用的に苦しいようでしたら、エアコンの風向きを上に止める等の工夫や、扇風機を使って風の向きを変える方法もあります。

お肌のコンディションにも影響あり

エアコンは部屋をとにかく乾燥させてしまいます。

乾燥といえば「お肌の大敵」です。

肌に必要な量の皮脂が乾燥してしまう事により、角質層がもろくなってしまいます。

そこにエアコンの風が直接吹き付ける事により、肌の水分をあっという間に奪っていってしまうのです。

乾燥によるほうれい線や皺、メイクのぱさつき、肌がヒリヒリと痛み出してしまう方もいます。

「普段のスキンケアではどうも保湿が間に合わない…」

「夕方になるとどうしても肌がぱさつく…」

エアコンの付いている部屋に長時間いるとそう感じるのにはこんな理由があったからなんですね。

これで直接風が当たる位置にずっと居るとなると…悲惨な状況になるのは想像に難くないですね。

乾燥には水分と適切なスキンケア対策を

まず何より乾燥からお肌を守る為に欠かせないのは保湿をする事です。

朝から保湿力の高いスキンケア用品を使って夕方、夜まで肌を守れるようにしましょう。

その際ご自分の肌に合うものを使うと良いですね。

サンプル等をお店でもらって普段から自分に合うスキンケア用品を探しておきましょう!

化粧水、クリームに気を使うのはもちろん、保湿に良いフェイスマスクを使用するのも効果的です。

また、身に付けるマスクは喉を守るだけではなく、肌の乾燥対策にもオススメですよ。

夏でも冬でも、室内でも室外でもマスクは効果的な万能アイテムです。

また体の中にもちゃんと水分を取り入れていますか?

体の中の水分を失わないよう、水も定期的に飲むようにしましょう。

寝ている間にエアコンを付けっぱなし、夏ならOK

就寝時、エアコンを付けっ放しで寝ている方もいますよね。

体に良くないのでは…と思われがちですがどうなのでしょうか。

結論を言いますと、夏場でしたらいくつかの注意点を守れば大丈夫です。

暑さのせいで夜寝付けないと、しっかり休む事が出来ないのでむしろ我慢は体に良くありません。

以下の事に気を付けてください。

  • 適切な温度に設定する
  • エアコンの風に直接当たる位置で寝ない

温度の設定は、「少し暑いかな?」と思う28℃程度に設しておくといいでしょう。

しかし冬にエアコンを付けっぱなしにするのは絶対にやめましょう!

寝る直線まで部屋を暖めておいて、寝る時には必ずエアコンを切りましょう。

冬は容赦なく乾燥してしまいますので、むしろ気温より湿度に気を付けた方が良いです。

加湿器を付けて寝るのが一番良いですが、加湿器が無いなら濡れたタオルを部屋に干しておきましょう。

洗濯物を室内に干すのも効果的ですよ。

まとめ

会社の席がエアコンの風の直撃する場所にある…という悩みを抱えていらっしゃる方もいるかと思います。

自分は寒くても他の人は暑い…そんな時は困りますね。

席替えが出来れば良いのですが、無理そうでしたら今回紹介した方法で対策を取られてみてはいかがでしょうか?

また夏にエアコンを付けっぱなしにして寝る時は、温度設定に気を付けましょうね!

コメントを残す