エアコンクリーニング割引中

洗濯機のかさ上げとは|業者に頼まずに安く済ませる方法まとめ

最終更新日:2018年11月11日

洗濯機を設置する際、排水口周りにスペースがなく「排水ホース」を思うように繋げない場合は「かさ上げ」という作業を行う必要性があります。

しかし、専門の業者に「かさ上げ工事」を依頼すると数万円の工事費を取られてしまいます。

この記事では、業者に頼まずに1人で簡単に出来るかさ上げの具体的な手順を知識のない方でも分かるように解説していきます。

かさ上げとは?その仕組みをゼロから解説

かさ上げとは?

かさ上げについて学ぼう
  1. かさ上げの言葉の意味とは?
  2. 洗濯機でかさ上げをする理由は?
  3. かさ上げで準備するものは?
  4. かさ上げをする手順(流れ)は?

かさ上げとは、どういう意味?

「かさ上げ」という単語を辞書で調べると、以下のような説明が出てきます。

かさ上げ
建物などの高さを上げること。(特にダムや堤防などを高く改築すること)

すなわち今回は「洗濯機の高さを上げること」が目的になります。

ではなぜ洗濯機の高さを上げる必要があるのか、その説明をしていきます。

洗濯機にかさ上げが必要な理由

洗濯機の排水口

洗濯機で使用した水を流すために、洗濯機の下には「排水口」というものがあります(画像の矢印の部分)。

画像のように洗濯機を排水口からズラして設置できる場合は問題ないですが、排水口に洗濯機が覆いかぶさるようになると、排水用のホースが挟まれて潰れてしまいます。

そうすると、水漏れや洗濯機の故障の原因になるので「かさ上げ」をしてホースが潰れないようにしてあげないといけません。

洗濯機のかさ上げをする理由の大多数はこの原因ですが、他にもかさ上げが必要になるケースがあります。

  1. 防水パンが小さくて洗濯機が設置できない場合
  2. 洗濯機と排水口の落差がなくて、うまく水が流れない場合

必要に応じて、かさ上げをするようにしましょう。

かさ上げに必要なものを購入しよう

かさ上げをするにあたって、必要なものを揃えていきましょう。

今回は業者に高いお金を払わずに、自分で安くかさ上げを済ませるというテーマなので、それに沿った製品を紹介していきます。

かさ上げに必要なものリスト
  1. かさ上げ台
  2. 水準器(必要であれば)
  3. 防水パン(必要であれば)
  4. 防振材(必要であれば)

かさ上げ台

絶対に必要なのが「かさ上げ台」です。

洗濯機のかさ上げをレンガで自作している

上記の画像のように、レンガや木材を使用すれば安く仕上げることが出来ますが安定性が問題視されます。

また、レンガは廃棄する際に粗大ごみとして処分できないので後片付けに非常に困ってしまいます。粗大ごみとして処分できる発砲スチロールのレンガなどもありましたが、強度の問題で不安なところです。

どうしたものかと悩んでいたら、知識がなくてもかさ上げが簡単に出来る「かさ上げ台」が普通に販売されていました。

このかさ上げ台(ふんばるマン)を使用すれば洗濯機下の高さを「6㎝」上げることが出来ます。

6㎝じゃ足りたいという方には、10㎝高さを上げることが出来るかさ上げ台(カクダイのかさ上げ台)もありますので参考にしてください。

水準器

水準器というのは、水平かどうかを測定する道具です。

傾いた状態で洗濯機を使用すると、以下のような現象が起こります。

  1. 脱水で洗濯機が勝手に停止する
  2. 脱水音が異常にうるさくなる
  3. 乾燥途中で洗濯機が勝手に停止する

基本的に洗濯機には水準器が搭載されていますが、ない方は購入しておきましょう。

防水パン

古い家屋や一軒家でもない限り、基本的に防水パンは設置してあります。

なくても問題はありませんが、思わぬトラブルで洗濯機から水が漏れても大丈夫なように設置している方がほとんどです。

防振マット

最後に防振マットです。

先程紹介した「ふんばるマン」や「カグダイかさ上げ台」には防振構造が備わっていますが、それでも動作音や振動が気になる場合は防振マットの導入を検討しましょう。

かさ上げの手順は?

手順は至ってシンプルです。

  • STEP.1
    洗濯機の電源を切る
    誤作動を防ぐために電源を切っておきましょう。
  • STEP.2
    洗濯機の中を空っぽにする
    SETP1と同様に洗濯機の中身も空にしておきましょう。
  • STEP.3
    かさ上げ台を乗せる
    洗濯機を持ち上げて、足の部分(四隅)にかさ上げ台を設置していきます。洗濯機が重くて持ち上げれない場合は、洗濯機を斜めに倒したり、洗濯機の下にキャスターを付けて動かしたりしてみてください。
  • STEP.4
    水準器で水平にする
    水準器を使用して水平かどうかを確認しましょう。
  • STEP.5
    仮運転する
    正常に動くか仮運転をして特に問題なければOKです。
  • 完成!
洗濯機を斜めにする事について
斜めに傾けるのは良くないというイメージがありますが、斜めに倒しても水が少量こぼれてくることはあっても壊れることはありません。

かさ上げによるメリットとデメリット

かさ上げを行うことによって、以下のようなメリットを得られます。

  1. 洗濯機下の掃除が非常にしやすい
  2. 空気の通り道が出来るので、カビが発生しにくい
  3. 防振マットをかますことにより動作音を軽減できる
  4. 排水ホースの取り付け・取り外しが楽になる

「かさ上げ台を購入して設置しなければいけない」という手間暇のデメリットはありますが、やっておいて損はないと言えるでしょう。

かさ上げを業者に頼んだ場合の相場は?

洗濯機のかさ上げ工事の相場ってご存知ですか?

業者の名前は伏せておきますが、とある業者さんのホームページから引用してきました。

洗濯機のかさ上げ工事の価格相場

洗濯機のかさ上げ工事の価格相場

どうですか、高いと思いませんか?ですが、依頼された業者からすれば

  • 傷を付けずに洗濯機を移動する
  • 電源、アース線の取り付けを再度行う
  • 洗濯機の位置の微調整をする
  • 実際に動作するか試運転する

などなど、しなければならない事が沢山あるので妥当な値段設定かも知れないです。

「手伝ってくれそうな人が近くにいなくて、さらに力がない」という方は、渋々業者に頼むしかないかもしれませんが、基本的には一人でも行える作業内容です。

友人に「ご飯奢るから、ちょっと手伝って!」と言った方が安上がりすると思います。

洗濯機のかさ上げ方法まとめ

長々と解説してきましたが、洗濯機のかさ上げは業者に頼まなくても大丈夫なことが分かっていただけたかと思います。

我が家も排水ホースが取り付けられないトラブルで悩んでいたので、同じような悩みを持った方の参考になれば幸いです。

洗濯機周りの収納に便利なランドリーラックおすすめ5選 洗濯機のカビを「重曹と酢」だけで超綺麗に掃除する方法

6 Comments

匿名

新しく引っ越したマンションの洗濯パンが小さく悩んでいました。
防水パンの底上げ器具は高いので他に何か方法は検索し辿り着きました。
なるほどレンガでできるんですね。
レンガはホームセンターで安く購入できるし良い考えだと思います。
ですがレンガは自治体の粗大ゴミで出せない産業廃棄物なので処分に困ると思います。業者に頼むと結局高くつきます。
一般ゴミでも出せる素材で底上げできるものがあればいいのですが、とても参考になりました。
ありがとうございました。

返信する
カデンティティ

ご覧いただきありがとうございます。

レンガは安定性がないのでしっかりと固定する必要がありますが、安く仕上げるには良い手段だと思っています。( _ _)

>>ですがレンガは自治体の粗大ゴミで出せない産業廃棄物なので処分に困ると思います。業者に頼むと結局高くつきます。

確かに言われてみれば、レンガは処分に困りますね・・・。
後ほど「レンガの処分方法」を追記しておきます。

>>一般ゴミでも出せる素材で底上げできるものがあればいいのですが、とても参考になりました。ありがとうございました。

一般ごみに出せる素材で、ですね。少し調査してみます< (_ _)>
こちらこそコメントいただき、ありがとうございました。

返信する
匿名

お忙しい中ご返信いただきましてありがとうございます。
現在検討しているのが発泡スチロールブロック(穴あきでないもの)です。
あれは実は人間が乗ったくらいでは潰れないほどの強度があります。
ただ、スチロールブロックだけでは洗濯機の重さによって穴が開くはずです。
そこでモノタロウなどで売られている防振ゴム(タイヤに使われるような硬いもの、一枚百数十円から)をスチロールブロックの上に置くことで重さを分散しスチロールの穴あきを防ぐ方法を検討しています。
まあやってみないことには分かりませんが(笑)価格コムのコメントでもお勧めされているので一度試してみようと思います。小さいゴムですと一般ゴミでも出せます。
ご返信ありがとうございました。

返信する
カデンティティ

返信が非常に遅くなり申し訳ございません。

>現在検討しているのが発泡スチロールブロック(穴あきでないもの)です。
>あれは実は人間が乗ったくらいでは潰れないほどの強度があります。

そこは盲点でした。発砲スチロールいいですね。

>スチロールブロックだけでは洗濯機の重さによって穴が開くはずです。

安全性の問題になりますが、検証後この記事に追加したいと思います。

>小さいゴムですと一般ゴミでも出せます。

レンガの処分問題ですよね。
発砲スチロールとゴムなら一般ごみに出すことが出来るというのは
とても参考になります。

返信する
匿名

立て続けての投稿失礼いたします。
コーナンeショップで見ると、発砲でないスチロールレンガもあるようです。
そちらの方がより密度が高く強度が高いと思われます。
以上、連投失礼いたしました。

返信する
カデンティティ

>コーナンeショップで見ると、発砲でないスチロールレンガもあるようです。
>そちらの方がより密度が高く強度が高いと思われます。

洗濯機が30~40㎏あるので、それを何年も耐えれる性能があるかどうかの問題になると思います。
一度ホームセンターに行き、強度の調査をしてこようと思います。

ご意見誠にありがとうございます。

返信する

コメントを残す