パナソニックのサラシェを徹底レビュー!フェリエより素早く剃れる安定のシェーバー

この記事は女性が監修しています

最高の剃り心地を追い求め、レディースシェーバー集めに没頭しているチャペです。気づいたらこんなにも沢山のレディースシェーバーに囲まれていました。

保有しているレディースシェーバー
今持ってるのは、この10種類。

この記事ではパナソニックから販売されているサラシェというボディシェーバーを紹介していきますね。

この記事の結論

サラシェはフェリエより腕や足、ワキやVラインをスピーディーに処理できます。広範囲のムダ毛をサッと処理したいならサラシェに決まり!防水仕様なのもめちゃ良い!

ちなみに現在販売されているサラシェシリーズはES-WL40とES-WL50の2モデルです。

これまでに色々なシェーバーを使ってきた私だからこそ分かる、商品の違いやサラシェのメリット・デメリットなどを細かく伝えていけたらと思います。

またサラシェシリーズと同様に人気のあるパナソニックのフェリエシリーズとの使い分けについても解説していきますので、購入を検討している方は是非参考にしてください。

この記事の結論2

サラシェが唯一苦手な顔とVIOのIOラインの処理の為に、フェリエの顔用ES-WF61とフェリエのVIO用ES-WV61を合わせて持っておくと、まじで完璧です♪

サラシェの外観や同梱品・動作音をチェック

パナソニックのサラシェ

パナソニックで発売から15年以上愛されているサラシェシリーズ。

品番ES-WL40
上位モデルES-WL50
電源方式乾電池式(充電式電池は使えない)
コードコードレス
電源単4形アルカリ乾電池×2本
防水性能丸洗い可能(IPX7基準)
本体寸法高さ14.8×幅5.1×奥行4.7cm(キャップを含む)
重さ約110g(乾電池を除く)
価格2,700円くらい
カラーホワイト
付属品掃除ブラシ(ES-WL50はビキニコーム付き)
チャペ
チャペ

わたしが持っているのはES-WL40というモデルです。

パナソニックのサラシェのパッケージと本体

本体のフォルムは男性向けの電気シェーバーに似ている感じがありますが、女性向けに握りやすく・持ち運びやすいデザインになっています。

パナソニックのサラシェに必要な電池

本体下のカバーを開くと電池を入れる場所が出てきます。ちなみに3日に1回(約5分間)使用したとすると、約1ヵ月間使用可能です。(連続使用可能時間は約50分)

「サラシェの動作音が気になる」「お風呂やお部屋でバレずに使える?」という声を多く聞くので、私が持っているレディースシェーバーと動作音を比較してみました。

パナソニックのサラシェの騒音値
測定器から1.5mほど離してから測定

まずはES-WL40の動作音、結果は約54.9dBという結果に。

チャペ
チャペ

60dBでデパート店内・普通の会話程度の大きさ、70dBでセミの鳴き声程度の大きさなので、まぁそこそこ大きいかなという感じです。

続いて、フェリエシリーズの3モデルとブラウンのボディシェーバー「シルク・エピル」のdB値を測定してみました。

レディースシェーバーの騒音値
測定器から1.5mほど離してから測定
  • ES-WF61・・・53.5dB
  • ES-WR61・・・45.4dB
  • ES-WV61・・・50.1dB
  • ブラウン シルク・エピル・・・61.6dB

フェリエシリーズよりは音は大きいものの、一般的なボディシェーバーよりは小さいという結果になりました。

ブラウンのシルク・エピルはサラシェと同様の人気を誇っている商品ですが、音の大きさでいうと体感でもサラシェの方が静かだなと感じました。

サラシェとフェリエの違い

サラシェは「肌にやさしくスピーディーに剃る」そんな感じのレディースシェーバーです。対応している部位はウデ・アシ・ワキ・Vライン。

パナソニックのサラシェのネット刃とトリマー刃

肌に押し当てて剃るネット刃と、長い毛を処理するための昇降式のトリマー刃の2つが良い感じにムダ毛を処理してくれます。ネット刃とトリマー刃は本体側面のボタンをスライドさせることで変更できます。

使い勝手も非常によく、IPX7基準(水深15cm〜1 mに沈めても30分間は問題ない防水性能)なのでお風呂や洗面所でも壊れる心配なく、泡剃りや水洗いできるんです。

パナソニックのサラシェの剃れる範囲
手のサイズを基準にして本体サイズと剃れる範囲を色で表しています。

同じく人気を誇っているパナソニックのフェリエシリーズと違うのは、剃れる範囲の大きさでしょうか。広範囲をいっきに短時間で剃りたいならサラシェを選んで良いでしょう。

サラシェとフェリエで出来ることの違いについて表で表してみます。

商品名眉毛うなじわきうであしからだVラインIOライン

サラシェ

フェリエ フェイス用

フェリエ ボディ用

フェリエ VIO用

この表から分かるように顔やVIOまで余すことなく処理したいなら、サラシェだけを買うのではなく、フェイス用とVIO用のフェリエも1本ずつ持っておく良いということがわかると思います。

ちなみにフェリエシリーズの比較も記事にしているのであわせて参考にしてください。

サラシェの現行2モデルを比較!違いは3つ

パナソニックのES-WL40とES-WL50の違い

ここからは、現在パナソニックで販売されているサラシェシリーズのES-WL40とES-WL50の違いについて解説します。

違いと言ってもそんなに大きな違いはありません。違うのは以下の3点です。

  • ES-WL50にはビキニコームが付属する
  • 電源スイッチのカラーがES-WL40はホワイト、ES-WL50はピンク
  • ES-WL50の方が200円くらい高い
チャペ
チャペ

ビキニコームを使うと、Vラインの毛量(ボリューム)を簡単に調整できます。これ結構便利です!

個人的にボタンの部分はES-WL40のホワイトカラーが好きですね。

でも、ビキニコームがプラス200円くらいで付いてくるって考えると、ES-WL50を買った方が良いのかなとも考えちゃいます。あとは好みですね。

サラシェはこんな人におすすめ

ここまでパナソニックのボディシェーバーのサラシェについてレビューしてきました。まとめるとサラシェはこんな人におすすめです。

  • ウデやアシ・ワキ・Vラインをすばやく剃りたい
  • 剃るのに時間をかけたくない(サラシェはスピーディーに剃れる)
  • Vラインの毛量(ボリューム)を調整したい
  • お風呂で剃りたい。丸洗いしたい(防水性能はIPX7基準)

私はサラシェを1軍として愛用しています。広範囲をサッと剃れるのはメリットしかないです。

ただサラシェだけじゃ全身を剃ることはできないので、フェリエシリーズや他のレディースシェーバーもあわせて使っていくとムダ毛処理が捗ると思います。以下の記事もあわせて参考にしてくださいね。

コメントはお気軽にどうぞ

CAPTCHA