新生活には「家具・家電レンタル」がおすすめ!

パナソニック ES-WV60 レビュー | アタッチメント豊富で満足できるまで剃れるVIO専用レディースシェーバー

パナソニックはこれまでフェイス専用のES-WF61、ボディ専用のES-WR50、サラシェなどをレディースシェーバーとして売り出してきました。

関連フェイス専用シェーバーES-WF61の使用レビュー

関連ボディ専用シェーバーES-WR50の使用レビュー

しかしVIO専用のシェーバーがそこにはなく、アンダーラインに一応対応しているボディ専用のシェーバーを使うしかなかったんですが、ついに待ちに待った念願のVIO専用シェーバーであるES-WV60が販売されました。

実際に使ってみた感想としては「パナソニックさん、かなり本気で作り込んできたなぁ」という感じです。この記事ではES-WV60の魅力や気に入ってる点、残念な点などを本音で分かりやすく紹介していきます。

パナソニック ES-WV60 レビュー

これがパナソニックのVIOフェリエ「ES-WV60」です。

2020年5月1日に発売されたばかりですが、もうすでに雑誌のVoCEのベスト美容家電&ベストギアムダ毛ケア部門で1位に輝くなど人気を集めています。

付属品が多いからか箱は比較的大きいですが、開封するときのワクワク感がそこにはあります。

内容物は本体、トリマー刃、ネット刃、ネット刃用キャップ、スキンガード、ボリュームダウンコーム、掃除用ブラシ、説明書類と盛り沢山。

それぞれの特徴と使い心地を紹介していきます。

まずはトリマー刃、生えまくった長い毛を剃るときに使います。太い毛を剃るのが得意なので、Vラインを刈り尽くすならトリマー刃に任せましょう。

VIO用のシェーバーなので、ボディ用のシェーバーも比べると剃れる面積が少ないのは事実ですが、軽く滑らせるだけで簡単に剃れるので、大変だと感じたことはありません。

多少荒く剃っても大丈夫な気がしますが、IOラインを剃る時は安全のためにスキンガードをつけておきたいところです。

そしてスキンガード、IOラインのカットに使います。刃が直接当たらないようにガードしてくれるので、安心して剃ることができます。

ネット刃で仕上げをするために、ここでなるべく毛を短くしておくのが重要です。

これがネット刃、ジョリジョリをツルツルにするために仕上げとして使います。トリマー刃→ネット刃のような順番ですね。

VIOどこでも使えますが、なるべくトリマー刃で毛を短くしておくと毛の処理が楽になります。

流石にカミソリにはツルツル感で負けますが、Vラインはまだしも、IOラインにカミソリを当てるのは怖いのでこれで十分、むしろ大満足です。

ネット刃用のキャップですね。トリマー刃用のキャップがないのは残念なところです。

ネット刃の網目の部分は、引っ掻いたりぶつけたりすると穴が開いたり破れたりして怪我のもとになるので、使わない時はキャップを付けておきましょう。

最後にボリュームダウンコーム、トリマー刃に取り付けて使います。Vラインをナチュラルな長さにしたい時に活躍します。

全然お手入れしてなくて、ジャングルのようにモワッと生えてる時に使うのがベストですね。毛を適度に残しておきたい人には必需品です。

お尻を開けると単3電池が1本入ります。

説明書にはパナソニック単3形アルカリ乾電池1本で約1月間使用可能(トリマー刃で1回約5分、週2回使用)と書いてあるので、分数に換算すると約40分使用できる計算です。

私は手元にあったAmazonの電池を入れてますが、パナの製品にはパナの電池で統一した方がいいかもです。

重さは96グラム、やや重い感じがします。

VIOはボディと違って剃る範囲も狭いので、腕が疲れる前には剃り終わってしまうと思います。

音の大きさは57.3db。同じくフェリエシリーズのフェイス用ES-WF61の62.6dbよりも約5db小さいという結果に。

体感でもかなり音は小さいと感じたので、実家や彼氏の家でこっそり使いたい方にはかなりおすすめできます。

水が少し勿体無いですが、シャワーを出しながらシェービングすれば、全くと言っていいほど音は聞こえないレベルです。

ES-WV60の残念なところや改良点は?

VIOシェーバーのES-WV60を使ってみて、惜しいなぁと思った点や、ここが改良されればいいのにと思った点などをまとめていきます。

  • トリマー刃用のキャップが欲しい(トリマー刃とネット刃を同じキャップで使いまわせるようになると便利いいなと思う)
  • 本体と付属品をまとめるポーチ的なものが欲しい(ネットショップに非公式のポーチがある)
  • アタッチメントの取り外しに手間取った(慣れたら簡単に外せるようになりました)
ちなみに非公式のポーチはAenllosiというメーカーが出しています。ES-WV60専用にしっかり作ってあるので持ち運びしたい方は合わせて買うといいですね。

ES-WV60はVIOシェーバー界のよろず屋だ

まず言いたい。

音がめちゃくちゃ小さい!

「こんなパワフルなのに、音小さいのなんで?」ってくらい小さいです。他のレディースシェーバーと比較すると一目瞭然です。

1人暮らしの女性なら気にすることもなく剃れますが、同棲してたり実家暮らしだったりすると、どうしてもシェービングの音は気にしがちです。

そこをちゃんと考慮して静音設計にしてくれたパナソニックさんには感謝ですね。そしてアタッチメントの多さにも感激です、これ1台でどんな長さにも出来るというのが気に入ってます。

トリマー刃とネット刃が両方ついている商品自体少ないですからね。あと防水仕様も大変満足です。

ES-WV60のレビューまとめ

パナソニックのVIO専用シェーバーES-WV60を紹介しました。

フェイス用のES-WF61やボディ用のES-WR50もレビューしてきましたが、1番力を入れて作り込んでるなという感じがしました。

他にもレディースシェーバーを見てみたい方は、女性向け電気シェーバーおすすめ15選もあわせて参考にしてください。

【2021年3月】レディースシェーバーおすすめ16選!フェイス・ボディ・アンダーヘア別に使いやすい商品を紹介します。

コメントを残す

CAPTCHA