【2020年9月】洗濯機クリーニング業者おすすめランキング!実際の体験や口コミ評判をもとに今1番おすすめの業者を紹介します。

洗濯機は定期的に掃除することで長持ちさせることができます。掃除の頻度は以下のように考えればよいでしょう。

洗濯機の掃除の頻度
自分で掃除 月に1度
業者に頼んで掃除 1~2年に1度

自分で月に1度掃除するなら専門の業者に頼む必要はないという考えもありますが、例えるなら「自分でする掃除は洗剤を付けずに毎日お皿を洗っているイメージ」です。

見た目は綺麗に見えるかもしれませんが、確実に汚れは溜まっていき見えない菌も増殖していきます。洗剤を使ってキレイに洗ってくれるのがクリーニング業者ですね。

ここでは洗濯機クリーニング業者の費用や相場、依頼するメリット・デメリット、依頼時の注意点、おすすめのクリーニング業者などを分かりやすく紹介します。

洗濯機クリーニングのメリットとデメリット

メリット:洗濯機が綺麗になる

1番のメリットは「汚れがなくなること」ですが、それ以外にもニオイがなくなったり洗濯機の寿命が長くなったりする良さもあります。

洗濯物がクサいだけでアナタ自身が臭いと周りから思われる原因になるので、洗濯機は常に清潔にしておくようにしましょう。

冒頭で述べたように、基本的には月に1度(面倒なら数か月に1度)は自分でクリーニング剤(洗濯槽クリーナー)を購入してからお手入れをして、数年に1度は業者にクリーニングを依頼しましょう。おすすめの洗濯槽クリーナーも貼っておきます。

デメリット:クリーニング代がかかる

デメリットはクリーニング代が高いことくらいですかね。

洗濯機の寿命は格段にあがるほか、洗濯物の清潔さも保てるのでクリーニングはするべきですが高いのが唯一悩んでしまう点でもあります。

洗濯機クリーニングを依頼した後は目に見える・ニオイで分かるレベルでキレイになったので満足度は高いです。実際にクリーニングを依頼した結果、約1万円を出す価値はありました。

洗濯機クリーニングおすすめランキング

おそうじ本舗

私は以前おそうじ本舗に洗濯機クリーニングを依頼しましたが、他の業者より安いのにもかかわらずサービス力が高かったので、あれ以来リピートしています。

通常の分解を行わない洗浄(洗濯機本体の外側/脱水槽側面のみ)でも、汚れはかなり落ちて洗濯物のニオイも気にならなくなったので試す価値ありです。

もし満足できたら次また汚れが気になりだしたころに完全分解洗浄を依頼すれば良いでしょう。それぞれの価格は以下の通りです。

おそうじ本舗の価格表
通常の洗浄 11,000円(税抜)
オプション
完全分解洗浄 +10,000円(税抜)
洗濯パン +2,000円(税抜)
日立製 +5,000円(税抜)
特急便 +3,000円(税抜)
おそうじ本舗の洗濯機クリーニングを体験レビューした感想と良かった点・気になった点を分かりやすく紹介します。

ダスキン

ハウスクリーニング業界では1番の老店舗じゃないでしょうか。皆さんお馴染みのミスタードーナツも実はダスキンが経営しています。

ダスキンはクリーニングが難しいと言われているドラム式洗濯機の洗浄を行ってくれる数少ない業者さんなので、ドラム式を使ってる方は価格と相談して依頼されてください。

ダスキンの価格表
縦型洗浄 13,000円(税抜)
ドラム式洗浄 18,000円(税抜)

※ダスキンの公式サイトに移動

キレハピ

以前までは「生活手帖」という名前で様々なサービス改善を続けていましたが、2019年12月に「キレハピ」という名前で正式にサービスが開始しました。

おそうじ本舗やダスキンは依頼したら自宅から近い店舗からスタッフがクリーニングに来ますが、キレハピは自分で好みの業者を選ぶ形の比較サイトになっています。

キレハピのシステム
「女性スタッフ在籍の有無」や「早朝・深夜対応」などのユーザーの要望から事業者を検索し、 「作業・連絡の早さ」「コスト」をはじめとした全6項目の評価をもとに、 コストと評価のバランスを見ながら比較・予約まで簡潔にハウスクリーニングのプロを選ぶことができます。

引用:PRTIMES

自分から業者を探す手間はかかりますが「女性の一人暮らしだから女性のスタッフにお願いしたい」とか「昼間は仕事だから早朝や深夜にお願いしたい」といった細かい条件から探すことが可能です。

キレハピは今後かなりのスピードで知名度があがると思うので今回頼まなかったとしても覚えておいて損なはないクリーニング業者さんです。

※キレハピの公式サイトに移動

くらしのマーケット

最近よくCMが流れてるので1度は目にしたことがあるかたも多いのではないでしょうか。


キレハピと同じく自分で好みの業者を探すタイプの比較サイトです。4位に位置付けしていますが、キレハピと同じくらい良い比較サイトです。

ただ業者によっては相場よりも金額がかなり高いところもあるので、事前に相場を知ってから選ぶようにしてください。

※くらしのマーケットの公式サイトに移動

洗濯機クリーニングの費用を比較

今回紹介した4社の価格表です。スマホの方で文字が見えづらい方は指2本で拡大して確認ください。

おそうじ本舗はドラム式の清掃に対応してない点や完全分解洗浄がやや高い点があるものの、サービス力やスタッフの人の良さからリピートする人は1番多い業者さんです。(店舗によって当たり外れがあるのはどこも同じです)

ダスキンの洗濯機クリーニングはドラム式の洗浄を依頼するときにおすすめです。自宅の洗濯機がドラム式の方は検討されてください。

キレハピくらしのマーケットは自分で業者を探す手間があるのは面倒ですが、住んでる地域からおすすめの業者を選べるので当たりのクリーニング業者が近くにあれば頼んでみるのもアリだと思います。これは運次第です。

サービスが安定してる大手に頼むか、安さを求めて冒険するか、ぜひ吟味してください。

まとめ

洗濯機クリーニングのおすすめ業者をランキング形式で紹介しました。

紹介した洗濯機クリーニング業者

住んでいる地域や場所によっては別途の費用や駐車場代がかかる場合もあるので、公式サイトに一通り目を通しておくようにしてください。

以下では、1位のおそうじ本舗に洗濯機クリーニングを依頼した時の様子をまとめています。あわせて参考にしてください。

おそうじ本舗の洗濯機クリーニングを体験レビューした感想と良かった点・気になった点を分かりやすく紹介します。

コメントを残す