6月31日までエアコンクリーニングが1000円OFF

掃除機の寿命年数は?買い替え時期のサインは絶対に見逃すな

最終更新日:2018年6月9日

このページでは掃除機の寿命や買い替え時期のサインについてを分かりやすく紹介していきます。

事前に掃除機の寿命をあらかた把握しておけば、その後の対処もスムーズに出来ると思いますので解説位してきます。

掃除機の最低寿命は6年

056_1

家電には補修用性能部品の保有期間というものがあり、その期間を過ぎると修理などに使用する部品をメーカーが廃棄してしまうので、保有期間外に壊れた家電は修理をすることが出来なくなってしまいます。

掃除機にもその保有期間が定められており、製品の生産が終了してから6年までと言われています。

冷蔵庫やエアコンに比べると少し短いですが、これはあくまでも部品の保有期間の話なので、6年目を迎えたら必ず壊れるというわけでなく、大切に使用すればもっと長持ちできます。

一言で「掃除機」と言っても、いま現在、家電量販店には様々な種類や形の掃除機が販売されていると思います。

全ての掃除機が同じくらいの寿命を持っているわけではなく、種類や形によって、少々寿命が変化してきます。

種類別に細かく解説していきますので、現在使用している掃除機の見出しを参考にするようにして下さい。

紙パック式の掃除機の寿命は?

056_2

「掃除機」というと1番最初に、この紙パック式の掃除機を思い浮かべるのではないでしょうか。

いきなり結論から話しますが、紙パック式の掃除機の推定寿命は15年程度と言われています。

掃除機内に設置した使い捨ての紙パックにゴミが溜まっていく仕組みなので、お手入れが簡単であり、余計な箇所にゴミが溜まったり詰まったりすることも少ないので壊れにくいと言えます。

壊れる原因としては、コンセントプラグの根元が抜けたり、各ボタンが反応しなくなったりというケースが多いでしょう。

コードレス式の掃除機の寿命は?

056_3

コードレス掃除機とは、コンセントに電源を挿しながら使うタイプではなく、充電式のバッテリーによって動作するタイプのものです。

コードレスの特徴としては、バッテリーの寿命によって長持ちするかしないかが左右されてきます。

お手持ちのスマートフォンやPCなどで考えてもらえば分かりやすいと思いますが、バッテリーというのは劣化がとても早く、3年も使えばすぐに充電の減りが早くなったり、壊れてしまったりするでしょう。

バッテリーを交換すれば当然また長持ちしますが、部品は6年しか保有されないので6年目に新しいバッテリーに交換したとしても合計で10年ちょっとしか保たないと考えられます。

因みにバッテリーは非常に金額が高いケースが多いので、バッテリーを交換して長持ちさせるよりかは、掃除機の買い替えを検討した方がいいかもしれません。

サイクロン式の掃除機の寿命は?

056_4

ポン・デ・リングみたいな形が特長のサイクロン掃除機は1990年代から存在しますが、日本人に馴染んできたのは最近ではないでしょうか。

近未来的な形をしており、全ての掃除機のいいとこ取りをしたように見えますが、非常に残念な事にサイクロン式の掃除機は排熱性に弱く、内部に熱がこもる事によってモーターが焼けて壊れてしまうことが多いです。

寿命を数値で表すなら、6年〜10年以内がいいところでしょう。

寿命を長く伸ばすコツとしては、1回にあまり長く掃除機をかけ過ぎないようにする事です。

サイクロン式は吸引力に長けているので、絨毯やカーペットだけに使うなど、限定して掃除すれば通常よりも長持ちさせることが出来るでしょう。

ロボット型の掃除機の寿命は?

056_5

最後にロボット式の掃除機の寿命です。

「勝手に掃除をしてくれるって、すんばらしい掃除機が出たな!」と思ってましたが、よくよく考えてみれば電池を使用しているので寿命はかなり短いんじゃないかと考えられます。

基本的には500回繰り返し充電したらヘタってくるので1日に1回使用したと考えると、1年半程度しか保たない計算になります。

やはり最先端の技術はリスクも大きいんだとここで実感しますね。確かに勝手に掃除はしてくれますが、コストパフォーマンスを考えれば、自分で掃除をした方が圧倒的に良いと考えられます。

買い替え時期はいつがいい?

壊れてから買い換えても問題ないと言えますが、なかなか家電量販店に行く余裕がない方もいます。

なので、余裕も持った買い替えを検討した方がいいでしょう。

掃除機は8月〜9月に新モデルが出るので、旧モデルは在庫処分の為に価格がかなり安くなります。

その時期を狙うか、年末年始の決算の時期を狙えば安上がりすることでしょう。

まとめ

かなり長くなりましたので簡単にまとめたいと思います。

  • 掃除機の部品保有期間は6年
  • 紙パック式の寿命は15年程度
  • コードレス式の寿命は10年程度
  • サイクロン式も寿命は10年程度
  • ロボット式の寿命は数年程度
  • 買い替え時期は決算のある年末年始や、旧モデルが安くなる8,9月が狙い目

こうやってみるとやはり紙パック式が1番良いように見えますが、サイクロン式の吸引力には敵いません。

長持ちを取るか、吸引力をとるか、利便性をとるか、人それぞれ好みは違うと思いますが、参考になれば幸いです。

因みに我が家ではダイソンのサイクロン掃除機を使っています。

コメントを残す