5月31日までエアコンクリーニングが2000円OFF

【2018年版】三菱の冷蔵庫を徹底評価!評判や口コミまとめ

進化を続ける三菱電機の冷蔵庫は、実際の購入者にどのような評価を受けているのかを調査してきたので紹介いたします。

パナソニック信者の私ですが、この記事を書いている途中に「三菱も捨てがたい」と感じている所存です。

三菱の冷蔵庫はぶっちゃけアリ?ナシ?

御託を並べる前に、ぶっちゃけ三菱の冷蔵庫は買いなのでしょうか。

価格.comの冷蔵庫人気売れ筋ランキングで30位以内に入っているメーカーの数を確認してみました。

シャープ 8(1位)
東芝 3
日立 3
AQUA 2
三菱 6(2位)
パナソニック 5(3位)
ハイアール 1
ハイセンス 2

売れ筋的にはシャープに次いで2位です。かなりの人気ぶりですね。

もう一つ、価格.comで満足度ランキング(デザイン、おしゃれ・機能美、使いやすさ、静かさ、サイズ、機能)も調査してみました。

シャープ5(3位)
東芝9(1位)
日立6(2位)
AQUA1
三菱5(3位)
パナソニック4

満足度では、シャープに並び3位です。まずまずですね。

レビューをみても、悪い印象は不良品等を除きなかったので、三菱の冷蔵庫は「買うべき」であると言えます。

三菱の冷蔵庫のラインナップはこちら

ボトム冷凍室2ドアタイプ

Pシリーズ

容量146~168L
本体幅480mm
何人向き1人

Pシリーズの口コミ

安価な割りに非常にいい出来だと思います。音も静かで、ドアが開けやすい。それと、冷凍庫が
このサイズでは広いと思いました。
ビールが良く冷えてます。

可もなく不可もなくでしたね。若干ですが、音が気になる感じでした。当方少し神経質です。

一人よりの2ドア冷蔵庫より断然収納部分が大きい。自炊にはもってこいです。

みなさん、音が静かと書いてありますが、少しグルグルっていう音が気になります。
使い勝手はこのお値段で、これだけの容量、性能があれば十分です。

コンパクト3ドアタイプ

Cシリーズ

容量335~370L
本体幅600mm
何人向き2~3人

Cシリーズの口コミ

冷蔵収納は広々としていて助かります!!飲み物もたくさん入るから嬉しい。冷凍庫も二段なっていて使い勝手がいいのはもちろん収納量にも満足しています。野菜室は1.5段になっていて見やすい!!省エネもなかなかですので節電になりそうですね。

落ち着いたシャンパンピンクがオシャレです。白も清潔感があり迷いました!!どちらもオススメの色です。製氷機もホースを洗えるので衛生的。サイズ感もちょうどいいです。瞬間冷凍が欲しいところですが…このお値段ならこれで十分満足です^ – ^

なんの不自由もなく至って普通の冷蔵庫で満足しております。
全く問題ありません。

CXシリーズ

容量272~365L
本体幅540~600mm
何人向き2~4人

CXシリーズの口コミ

【デザイン】
扉は僅かにアールがあるスクエアデザインでとてもシンプルです。
扉に操作ボタンや表示類が無い為、すっきりとしています。
昔ながらの冷蔵庫を思わせつつ、おしゃれな感じもするステキなデザイン。

【使いやすさ】
冷蔵室の扉は縦縁のどこでも手を掛けらる為、開けやすいです。
各ドアポケットは位置調節不可で、最上段が微妙に高さが低い。
全体的にこれと言って特に使いにくさはありません。

【静音性】
これがいちばん気に入ったポイントです。
カタログ上では「静音設計17db」と謳っているだけの事はあります。
コンプレッサー稼働音やファンの音が殆ど気にならないレベル。

【サイズ】
マンションの狭いキッチンに置いても圧迫感が少ないです。
幅600、奥行656、高さ1698
設置の際は、背面側面共に10mm以上は空けた方が効率が良いとの事。

【機能】
冬季は冷蔵冷凍室共に弱設定で十分に冷えています。アイスもコチコチ。
自動製氷機能は静かに氷が出来、また外せる部品が多いので、
きれいに洗えて衛生的な氷が作れると思います。
各棚はガラス製で重い物を置いてもたわまず良好。
氷点下ストッカーという凍るか凍らないケースがありますが、
うちでは使わないので、オフにして普通の冷蔵部として使っています。

【総評】
容量的に、二人暮らしでは庫内に余裕が有りちょうど良い感じ。
年間消費電力量335kWh/年 電気料金9,000円位とこのクラスでは省エネ。
私はキッチンの隣りにあるリビングで寝る事も有るので、
稼働音が気にならないこの機種を選定して良かったです。
基本性能がしっかりしていて静音性を重視する方にお勧めしたいです。

片開き5ドアタイプ

Bシリーズ

容量455L
本体幅600mm
何人向き3~6人

Bシリーズの口コミ

【デザイン】
コンパクトサイズに適ったシンプルさ

【使いやすさ】
何を格納するかにより仕切り板を動かします。冷蔵に鍋を入れるので鍋敷き+1段目は重ねてます。小学生中学年の息子も扉の物にアクセスできます。

【静音性】
とっても静かです。製氷庫にマットが敷かれていて工夫がなされています。

【サイズ】
容積は4人(小学生2名)で充分、余裕すらあります。
外寸は大抵のキッチンに収まります。

【機能】
お急ぎ製氷などが扉のタッチで操作できます。ボタンサイズが小さいのか反応にやや難あり。主に使う機能に慣れてしまえば問題ないです。

【総評】
同じ容積で比べれば同価格
外見だけで見れば割高感があるのですが
一家全員、総じて大満足です。

センサーが良いのか各庫内の温度管理を上手くしてるそう、
電気代も節約になっている(ハズです)

センター開き6ドアタイプ

RXシリーズ

容量461L
本体幅650mm
何人向き4~6人

RXシリーズの口コミ

【デザイン】
ごく一般的な観音開きの冷蔵庫です。
ドアに磁石も付きます。

【使いやすさ】
今までの冷蔵庫がスリードアで、真ん中に野菜室があったので、一番下の野菜室にまだ慣れませんが、冷凍庫の容量が増えたのは助かります。

【静音性】
静かだと思います。気になりません。

【サイズ】
我が家の設置場所に制限が有り、幅650cm・奥行き685cm以下で探していました。ギリギリです。

【機能】
今まで使用していた冷蔵庫が古すぎて、全てにおいて機能アップしています。
製氷室の給水経路丸洗いも気に入ってます。

【総評】
調味料の1Lサイズペットボトルが4本に、1.5Lの飲料が2本、更に1Lサイズの紙パック飲料が数本縦に入る事が最大の決め手です。

JXシリーズ

容量517~600L
本体幅650~685mm
何人向き4~6人暮らし

JXシリーズの口コミ

【デザイン】
他社の半端なガラスドア製品よりは洗練されている感じです。三菱らしいキュービックなデザインは高級感はありますが、やや無骨な印象もあるので、年齢や性別によって好みは別れるかもしれません。

【使いやすさ】
この機種は背が低いタイプのモデルなので、冷蔵部分が棚一段分減っています。冷蔵庫部分も同じくらい低くして、冷蔵容量を戻すような作りになっていれば良かったのですが、他社より庫内が広めに設計されていたため許容範囲内でした。ただ、両側ドアポケットやタマゴケースが工夫しないと使いづらく、ユーザーの声をもっと細かく拾って設計して欲しかったかなと思います。

【静音性】
びっくりするほど静かです。キッチンの構造上、動作音が気になりやすかったので、カタログ公称15dBという粛音性が決め手のひとつになりました。

【サイズ】
買い替え前とほぼ同じサイズで、庫内容量が65リットルも増えました。三菱は断熱材を薄くする技術が高いらしく、比較検討で最後まで残った日立の機種と比べると、同容量でも高さに5センチの違いが出ました。

【機能】
冷凍庫、瞬冷凍庫、製氷室がそれぞれ独立して作られているため、氷に臭いが移らなかったり、冷却ムダが自ずと無くなる設計になっていたり、基本的な作りがしっかりしているからこそ使える機能が多いです。

製氷を止めた時のパワーセーブ機能や、氷点下ストッカーを使わない時にチルド室に出来るなど、工夫次第で電気代を抑えられる機能はとても気に入ってます。

【総評】
はっきり言って、このクラスの冷蔵庫の中では割高かもしれません。ただ、粛音性、機能性、省エネ性、基本性能の良さは、搬入されてほぼ1日で分かります。

唯一、冷蔵部分の使い勝手だけが他社に劣ってしまうかなと感じますが、冷蔵より冷凍を上手く使いこなせるようになれば、今よりも効率良く、新鮮に食品の保存が出来るようになると思います。

WXシリーズ

容量470~700L
本体幅650~800mm
何人向き4~7人暮らし

WXシリーズの口コミ

【デザイン】
シンプルなガラスドアがおしゃれです。企業ロゴはできれば本体右上に配置して欲しかったです。

【使いやすさ】
手を掛ける部分が引き出しの上部にあるため、自然なスタイルで引き出せるところが気に入っています。

【静音性】
音は全くしないといって良いほど静かです。

【サイズ】
他社と比べると特に三菱電機は容量の割に本体が小さいことが特徴です。

【機能】
特に気に入った点は、操作パネルが光のボタンになっている点です。デザインを損なわず、扉を開けっぱなしで操作する必要もなく、また、暗くても操作しやすいです。

【総評】
全室独立設計や、硬水と軟水を問わず全てのミネラルウォーターが使える製氷機やオートクローザードア、3色LEDにより、本来保存中に減ってしまうビタミンCを増やすことができる「朝どれ野菜室」などです。デザインとブランド力のPanasonicも随分迷いましたが、やはり経験上の信頼性と他社にはない独自性を選びました。大変満足しています。

三菱の冷蔵庫が支持される最大の理由はとんでもない「冷凍機能」にあった。

お待たせしました、ここからが見どころです。

三菱の冷蔵庫の最大の強みは「冷凍能力」です。

「わたし冷凍ダイスキ!冷凍しまくりたいわ!」なんて方は、迷わず三菱の冷蔵庫を買うべきです。

じゃあ冷蔵はたいしたことないのかというとそんなことはありません、冷蔵能力も平均以上のパフォーマンスを発揮してくれます。

特徴を1つずつ確認していきましょう。

氷点下ストッカー

冷蔵庫の中にあるパーシャル(チルド室)みたいなもので、入れたものが「凍らない」というめちゃくちゃ便利な機能があります。

チルドや冷蔵室より低温の約-3℃~0℃なのにもかかわらず凍らない「過冷却現象を応用したもの」らしいですが、詳しく話し始めると科学のサイトになってしまうので気になる方はググってください。

上の画像のように、傷みやすい肉や魚を長く保存できるのはかなり嬉しい機能ですよね。

7日間も保存した場合、変色が気になる方もいるかもしれませんが、下の画像のようにチルドよりも変色が抑えられるようになっています。

切れちゃう瞬冷凍

これですね、これ。この機能がとにかくヤバいです。

約-7℃で食品を凍らせることによって冷凍なのにサクサクと切ることができます。

使うたびに解凍する必要がなくなるので、電気代も節約できるし時短にもなるし、何よりも楽だし良いこと尽くめです。

アツアツのご飯もそのまま冷凍することが出来るので、炊き立ての美味しさを逃すことなく、そして冷えるのを待つことなくパパっと保存することが出来ます。

忙しい朝のお弁当作りにも大活躍してくれます。

詳しくは主婦の味方!手軽で美味しいレシピ集をご覧ください。

参考 切れちゃう瞬冷凍で美味しいレシピ集三菱電機公式サイト

まとめ

繰り返しますが、冷凍機能をふんだんに使いたい方には三菱をとことんオススメします。

一人暮らし用から大家族用まであるので、スタイルに合った冷蔵庫を購入されてください。

コメントを残す