6月31日までエアコンクリーニングが1000円OFF

冷蔵庫を引っ越しで運ぶ前にしておくべき準備と手順まとめ

引っ越し作業って、想像以上に体力を消耗したり、やるべき事が多すぎて大変ですよね。

だからって乱雑にやってしまうと家電製品は壊れてしまう危険性があります。

引っ越し前日になったにも関わらず「冷蔵庫の中に食料品が沢山入ったままでどうしよう!」なんて、そんな状況にはならないように余裕を持って、準備していきましょう。

冷蔵庫の中身を空にする。

冷蔵庫を運搬する際に必ずやっておかなくてはならない下準備が2つあります。

1つ目は「冷蔵庫の中身を空にすること」です。

冷蔵庫を運ぶ際に中に何か入っていると、引っ越し業者に止められるのは勿論ですが、なぜ中を空っぽにしなきゃいけないか知っていますか?

『運ぶ際に重たいから』という理由もありますが、配送中に冷蔵庫内の食品が腐ってしまうからなんです。

引っ越しのトラックの中には当然クーラーなんて付いていないので、夏場なんかは軽いサウナ状態になります。

食品のほとんどが「高温を避けての保存」になっていますよね。

食品の衛生面を考えたり、配送中の揺れで食品が潰れたり、こぼれたりするのを避ける為に冷蔵庫の中を空にするのです。

引っ越しの当日に冷蔵庫の中を空にしようとすると、どうしても食べきれなかった食材などが出てきて捨てる羽目になるので、計画性を持ってなるべく早め(2~3日前)に冷蔵庫の中を空にするようにして下さい。

引っ越しが決まった段階から、余分な調味料や食材は買わないように考えながら買い物をすると良いでしょう。

どうしても全て食べきれないほど残ってしまい捨てるのも勿体ないという場合は、保冷パックなどを用意してくれる業者もいるので、一度確認してみて下さい。

前日にコンセントを抜こう

2つ目の下準備が「冷蔵庫の電源を落とす事」です。

最低でも前日の夜までには冷蔵庫のコンセントを抜いておくようにしましょう。

冷蔵庫に霜取り機能があるように、冷蔵庫の配管には霜が沢山ついています。

冷蔵庫のコンセントを抜くと、冷蔵庫内の温度が上がり霜は水に変わります。

この水がどこに行くのかというと、冷蔵庫の底に設置してある蒸発皿という所に溜まります。

もし引っ越し当日にコンセントを抜いた場合、その霜が水になるのは運搬中です。

つまりどうなるかと言うと、引っ越し先で荷物を荷積みから降ろすときに冷蔵庫を傾けるとその水がこぼれてくると言うことです。

業者からしてみたら、トラックの中が水浸しになるので仕事が増えますよね。

なので、そんな事態を避ける為に、あらかじめ前日までにはコンセントを抜いておき、トラックに冷蔵庫を乗せる前に水を捨てれるようにしてあげましょう。

絶対にやってはいけないこと

冷蔵庫の中身を全て片付けて、コンセントを抜いて、明日の引っ越しの準備は完璧!

でもジュースを買ってきたからまだ時間あるし、ちょっと冷やしてたい。

なんて事ありますよね。

その行為自体は悪くないですが、絶対に気を付けなければならない事があります。

それは、「冷蔵庫のコンセントを抜いた10分以内に再びコンセントを入れて電源を付けない事」です。

冷蔵庫の電源を切ると冷蔵庫内にあるコンプレッサーが停止し、庫内のガスが液状になります。

この時に再び電源を入れ冷蔵庫を動作させると、コンプレッサーに負荷がかかります。

ただ負荷がかかるだけなら構わないのですが、最悪の場合、負荷が強すぎてコンプレッサーが壊れる事もあります。

すなわち冷蔵庫の冷やす機能が使えなくなりダメになるという事です。

なので電源を切った10分以内は、再び電源を入れないように気を付けてください。

まとめ

何事も前もっての準備が大切です。

夏休みの宿題も始業式の前日にすると慌てて焦ってミスが連発して先生に怒られますよね。

引っ越しが決まってからのんびりしていたら、あっという間に引っ越し当日になります。

1週間くらい余裕を持って計画的に行動していきましょう。

コメントを残す