エアコンクリーニング割引中

【2018年版】ミキサーおすすめランキング5選!選び方のポイントを参考に自信を持っておすすめするミキサーを紹介します。

最終更新日:2018年11月29日

ミキサーとは食材を「砕いて混ぜる」ことが得意なキッチン家電です(音声を混ぜるオーディオ・ミキサーの紹介ではありません)。

野菜や果物と一緒に水分を加えて、ジュースやスムージーを作るのに適していて、海外ではブレンダーとも呼ばれています。

ここでは、ミキサーの選び方のポイントオススメ商品をランキング形式で分かりやすく紹介していきます。

ミキサーを選ぶ時のポイント

ミキサーは製品によって様々な特徴があるので、選ぶ時はアナタの用途に合わせた製品選びが重要になってきます。

ではどのように選ぶのが良いのかを、1つずつ確認していきましょう。

何の用途に使用しますか?

ミキサーは野菜や果物を細かく切って液体にするのにはとても適した機械なので、今話題のスムージーもミキサーで作ることができます。

繊維がたくさん入っているドロッとしたジュースを作るのはミキサーの役目と言えます。

氷の入ったひんやりスムージーを作るには、氷も砕くことのできるミキサーを選ぶと良いでしょう。

一方、同じジュースでも繊維の入っていないジュースを野菜から絞り出すのはジューサーの役目ですので、ミキサーでは作ることができません。

根菜など固めの野菜を「粗みじん切り」にしてハンバーグのタネを作るときなどはフードプロセッサーが向いています。

ミキサー、ジューサー、フードプロセッサーなど似たような機能のある機械は多いのですが、アナタが作りたい料理に合わせて選ぶようにしましょう。

舌触りの良いジュースが飲みたいならワット数を見よう

一般的に、かきまぜながら固形を液体にする事を攪拌(かくはん)と言いますが、ワット数の大きいミキサーは攪拌する力が強い傾向にあります。

ワット数が大きければ大きいほど野菜や果物の繊維をしっかりカットしてくれるので、舌触りの良いジュースが出来上がると言われています。

しかしその分動作音が大きくなってしまうこともありますので、集合住宅にお住まいの方や仕事の都合で調理時間が深夜になる方は、静音のタイプを選んだほうが良いかもしれません。

また、ミキサーによっては氷や固いものを砕くのにはあまり向かないものもあります。

たとえば、野菜などは一度包丁でしっかりとカットしなければならないとか、どの程度の固さまで耐えられるとかは、ミキサーの性能によってかなりバラつきがあるようです。

特に家庭用冷凍庫の氷も使用可能なミキサーと使用できないミキサーがありますので、その辺りもワット数の大きさを目安に考えて見ると良いでしょう。

必要な容量を把握しておこう

ミキサーを購入した時に、意外と失敗談が多いのは容量の間違いです。

家電量販店でなくネットショップの写真で見ると、一見どれも同じ大きさのように見えてしまうのですがミキサーごとの容量は大きな違いがあります。

一人分のスムージーをつくるのに適した250ml程のミキサーもありますし、家族でたくさん使いたい時に向けた1000mlのミキサーもあります。

大まかな目安として台所用品を例に挙げておきます。

  • マグカップ1杯:約200~250ml
  • 小さめのティーカップ:約140ml
  • 牛乳パック:1000ml

アナタの家族構成や調理内容によってミキサーの容量もしっかりとチェックしてから購入すれば安心ですね。

刃の種類も確認しておこう

ミキサーの刃の種類には、大きく分けて「平刃」「波刃」の二種類があります。

平刃はその名の通り平たい刃で、ミキサーの中でもとてもオーソドックスな形になります。

平刃のメリットは、もしも切れ味が悪くなってしまったら包丁と同じように研ぐことができるところでしょう。

一方の波刃はギザギザしているのが見て分かるのですが、このギザギザが固いものをしっかりと粉砕してくれます。

野菜は想像以上に繊維が多いので、大量に攪拌したいときには波刃のものを選ぶと良いでしょう。

ミキサーの刃の形状はメーカーごとに大きく変わってくるので、洗いやすさの観点も含めて製品写真があればじっくり比較してみることをオススメします。

安全な製品を選ぼう

ミキサーはとても高速に回転するので、安全面でも配慮がある製品だと嬉しいです。

たとえば2段階のロックの機能があれば、いきなり本体上部が外れて倒れる心配がなく、本体がきちんと正確にセットされなければ動作しない機能は子供と一緒に使うときに安心感が格段に上がりますね。

ミキサーは動作をするためのモーターが高温になる特性上、起動時間の目安もあったりするので本体を安全に使うためにも起動できる時間も確認しておきましょう。

静音性も確認しておこう

ミキサーの音の大きさについては、ワット数のところでも少し触れましたが製品によって音の大きさも違います。

たとえば一人暮らしの方でアパートにお住まいの場合、仕事のために朝早くミキサーを起動したいのに音が大きすぎて使えないのは困りますよね。

購入前にレビューを見るときは、買い替えで購入したレビュアーさんが以前使用していたミキサーとの比較コメントしていることがありますので、それを見れば非常に参考になります。

お手入れのしやすさは重要

ミキサーを買われる方は、手軽に料理ができるという点を重視している方が多いのではないでしょうか。

調理のたびに毎回洗うものなので、できるだけパーツが少ないものや本体の凹凸が少ないもの、洗いやすさも視野に入れて購入すると良いでしょう。

また、あまり本体が細身ですと男性が洗う時に手が入りにくいので、アナタの手の大きさと本体容量、上部の幅もしっかりと確認しましょう。

2018年にオススメのミキサー5選

テスコム TM8200

こちらのテスコム製のミキサーは1000mlの大容量で、家庭用冷蔵庫の氷であれば10個まで砕くことができるというフルパワーです。

ワット数240Wで、大型の波刃のチタンカッターなので、口当たりのなめらかなスムージーが簡単に調理できます。

使い終わったあとはボトル部分を逆さまにして、本体がコンパクトかつ衛生的に収納できるようになっています。

シルバーのオシャレな本体はカフェテイストなインテリアやインスタ映えにも使えますし、ボトル部分がガラス製なのでお手入れもしやすいですね。

この製品はこんな方にオススメ
  • オシャレで大容量のミキサーで調理したい方
  • 氷を粉砕できるパワーの強いミキサーを使用したい方
  • 大きな音が出ても大丈夫な環境の方
  • 収納時はコンパクトにできるミキサーをお求めの方

ティファール BL1325JP

第2位はティファール製のミキサーですが、先ほどのテスコム製と同率1位と言っても過言ではないくらいパワーが強いです。

容量は600ml、ワット数は300Wで氷や冷凍フルーツも砕くことができます。

本体上部のジャーの部分はプラスチックでできており、約300gととても軽量でステンレス製の平刃カッターは取り外しが可能なので洗いやすいですね。

スイッチは二段階でスピードの調整ができる仕様になっていますので、材料の大きさや繊維の固さに応じて変えることができます。

ホワイトとルビーレッドの2色展開なのですが、ルビーレッドの方にはコーヒーミルが付属するのでお得です。

この製品はこんな方にオススメ
  • コンパクトでもパワーのあるミキサーを使用したい方
  • 1~3人ほどの少人数で使用したい方
  • ハイパワーのミキサーを手軽に毎日使用したい方
  • 安価でしっかりしたミキサーをお求めの方

パナソニック MX-X701-T

こちらはパナソニック製のミキサーで1000mlの大容量です。

パナソニック独自の「ブラックハードチタンコート ファイバーカッター」というノコギリ状の大型刃が、家庭用の氷や野菜の繊維を細かく砕いてくれます。

ワット数は255Wで、しっかりとした作りの他のミキサーに比べても音が静かなことがとても評価されていますので音が気になる方へはとてもオススメです。

フラッシュ、低速、高速の切り替えが出来るこちらのミキサーは、なんといっても付属品が多いのが魅力です。

スムージーバー・タンブラーミキサー(プラスチック製)・ミル(ガラス製)・30mlのメモリ付きのチェイサーカップ・レシピブックなど、料理に役立つ付属品や機能がたくさんあります。

この製品はこんな方にオススメ
  • 手軽さよりも本格的な料理を追求したい方
  • 家庭でできる料理のバリエーションを広げたい方
  • スムージー作りは食感の違いも楽しみたい方
  • 比較的音が静かなミキサーを求めている方

タイガー SKR-T250-AB

こちらはタイガー製のタンブラー型ミキサーです。

250mlという少ない容量ですが、小さいがゆえに一人分を作ってサッと洗いやすいというメリットがあります。

氷や野菜も砕ける波型のチタンコートカッターは4枚刃で、なめらかなスムージーが出来上がります。

色はブルーベリー・レッド・ピンクベリーの三色展開で、ワット数は160Wです。

スイッチは上部を押すタイプで、定格起動時間を過ぎるとモーターの故障を防ぐための安全装置が働くほか、カップの部分はガラス製でそのまま煮沸消毒することも可能なので衛生面も安心です。

この製品はこんな方にオススメ
  • 1人暮らしで朝の忙しい時間にサッと調理したい方
  • コップ部分がタンブラーになるタイプが好きな方
  • 洗うときの手軽さを重視する方
  • 小さなミキサーの方が使い勝手が良い方

タイガー SKS-G700

第4位にランクインした小型のタイプと違い、第5位のこちらは700mlのたっぷり容量で料理を楽しみたい方向けとなっています。

ワット数は250Wで家庭用の2.5㎝角の氷も砕けるようになっており、メーカーは2~3㎝角に切った材料は柔らかい液体から順番に入れることを推奨しています。

刃の部分は波型のチタンコートカッターで、カップの内側に入った5本のリブが材料を効率的に攪拌してくれます。

本体は細かくバラバラになるので洗う時も衛生的で安心ですし、ブラック・ボルドー・ホワイトの3色展開なので男性も女性も使いやすいですね。

スムージースティック・ミルカップ・お茶ミルカップ・ヘラ付きブラシ・保存用フタなどアタッチメントもたくさんあって、料理のバリエーションが広がりそうです。

この製品はこんな方にオススメ
  • お茶葉を砕けるようなミキサーを求めている方
  • 丁寧に細かいところも洗いたい方
  • 離乳食などペースト状の料理をされたい方
  • フタが開くと動作が止まる安全装置を求める方

コメントを残す