布団乾燥機の選び方 | 最大限にダニ退治できる商品を選ぶポイントを解説

布団の湿気取りやダニ退治などで重宝する布団乾燥機。布団の温めにも使えるので、寒い冬場に愛用することもできる優れものです。最近では靴や衣類の乾燥もできる商品も多く、あると何かと便利なので一家に一台は欲しい家電です。

そんな布団乾燥機ですが、マットタイプとマットなしタイプに種類が分かれていたり、メーカーによっても形や特徴が異なったりなど、初めて買う方はどれを買えばいいかわからないと思います。

そこでこの記事では、これまでいろんなメーカーから布団乾燥機を購入し今では2日に1回は愛用しているこの私が、布団乾燥機の選び方のポイントを分かりやすく解説していきます。

布団乾燥機で出来ることって?

布団乾燥機は本体から出る熱風で布団の中を温めながら乾燥させることにより、湿気やダニの対策ができる上に寝心地のいいフカフカな布団にしてくれる便利な家電です。

中には布団だけでなく、濡れた靴や衣類を乾燥することができる機能をもった商品や、衣類についてしまったニオイを脱臭する機能を搭載している商品もあり、利用目的に合わせて選ぶことができます。

「いや、我が家は天日干しするから大丈夫」という声もあるでしょう。しかしダニを完全に死滅させるためには、50度以上の熱に30分以上当て続けないといけないので、布団の中まで十分に熱が入り込ない天日干しではダニの死滅ができません

また梅雨の時期で雨の日が続いていたり、花粉などの理由で長期間天日干しができていなかったりすると、湿気やダニが繁殖してしまうので天日干しはおすすめできません。

そんな時に活躍するのが、布団乾燥機。天候や花粉など外の状況を気にせず使えるのも良いところです。

乾燥方式はマットタイプとマットなしタイプの2種類

そんな布団乾燥機ですが、マットタイプとマットなしタイプの2種類があります。まずはどちらにするか選ぶところから始めていきましょう。

マットありは隅々まで乾燥できる

マットタイプは布団にセットする手間が少しかかってしまいますが、隅々までムラなく効率的に乾燥させることが可能です。布団の隅々まで熱を加えることによってダニの逃げ場をなくすことができるのでダニ退治にも効果的と言えます。

ただ、使いたいときは専用のマットを毎回広げて布団に敷かないといけないので、頻繁に使うというよりも1週間に1度という風な定期的に布団乾燥機を使いたい人におすすめです。

マットありなら乾燥マットのサイズも要チェック

マットがあるタイプの布団乾燥機を選ぶときは、今使っている布団の大きさを確認してサイズを選ぶようにしましょう。

身長が高い人向けの縦に長い布団を利用している場合は、縦の長さに合ったマットのサイズを選ばないと布団をムラなく温めることができずダニの対策もうまくできないので注意が必要です。

一般的な布団のサイズの目安(敷布団・かけ布団)
  • シングル・・・(敷)100cm×210cm・(かけ)150cm×210cm
  • セミダブル・・・(敷)120cm×210cm・(かけ)170cm×210cm
  • ダブル・・・(敷)140cm×210cm・(かけ)190cm×210cm
  • クイーン・・・(敷)160cm×210cm・(かけ)210cm×210cm

マットなしは手軽に使える

マットがないタイプの布団乾燥機は、マットがあるタイプの布団乾燥機と大きく違いマットがない分、布団にセットする手間と片付けの手間が省けます。

布団に毎回マットを敷く手間や、使用後にマットを包み直さないといけない手間がないので、面倒臭がりな人や頻繁に布団乾燥機を使いたい人におすすめです。

ただマットがあるタイプと比べると簡易的ではあるので、布団の大きさによっては熱が隅々まで届かない可能性が少なからず出てしまいます。

ただ最近のマットなしタイプは、形状や風の出し方などに拘って布団全体に行き渡るような工夫がされていたりもするので、一概に悪いとは言えません。

ちなみに私はマットありタイプを以前は使っていましたが、毎回マットを広げるのが面倒で使わない期間が出てしまったので、今ではマットなしタイプを愛用しています。

便利機能もあわせて確認を

布団乾燥機という名前ですが、中には靴乾燥や衣類乾燥、冬場にとても助かる布団温めモード、夜間に使いたいときに便利な静音モードなどといった様々な機能を備えた布団乾燥機もあります。

例えば、靴乾燥や衣類乾燥が搭載されている布団乾燥機なら、雨に濡れてしまった靴や衣類でもすぐに乾燥させることができるので、また次の日から問題なく靴や衣類を着用することが可能です。

布団を温めてくれる機能が付いている布団乾燥機なら、寝る前にセットしておくことによって寒い冬場の冷えた布団ではなく暖かい布団で快適に眠ることができます。

静音モードが付いていれば、寝ている家族を起こしてしまうことなく静かに布団乾燥を利用することができるなどといったメリットがあります。

どの機能が必要かをメモしておくと布団乾燥機を購入する際に役立つでしょう。

メーカー別の特徴

三菱電機

日本で初めて布団乾燥機を販売したメーカー。

マットがないタイプの布団乾燥機が主流となった今でもマットがあるタイプの布団乾燥機にこだわり、布団全体に熱が行き届きしっかりと乾燥させふんわりとした仕上がりになります。

靴や衣類、レジャー用の小物などの乾燥にも対応しています。

象印

マットがないタイプの布団乾燥機を初めて発売したメーカー。最短35分のスピード乾燥が可能で、コンパクトなサイズのものが多く収納がしやすい特徴があります。

冬用の暖かい状態で仕上げてくれる標準コースとしっかりコースに加え、夏用の乾燥後に送風で布団を冷まして仕上げてくれる標準コースとしっかりコースを備えています。

日立

シンプルでフラットなデザインのアッとドライシリーズを発売しているメーカー。最短28分でふとん乾燥ができ、敷布団の両面乾燥にも対応している布団乾燥機があります。

約30㏈の静音コースを搭載しており、ベビーべットや敷布団に対応していること特徴です。

シャープ

消臭もできる布団乾燥機を発売しているメーカーです。

プラズマクラスターを搭載しており、ダニの死がいやフンの付着アレル物質の作用を抑えてくれ、汗の臭いなどの消臭もしてくれる特徴があります。

洗えない枕や気になる子供のおねしょや寝汗、加齢臭などもプラズマクラスターと温風でしっかりと消臭してくれます。

まとめ

ここまで布団乾燥機の選び方を紹介しました。

マットありタイプにするかマットなしタイプにするかを選んだら、あとは靴乾燥や衣類乾燥、静音機能など必要な機能をピックアップするだけで好きな布団乾燥機を選ぶことができます。

メーカーによって強みが異なったりもするので、メーカーから好きな布団乾燥機を選ぶのもアリですね。

カデンティティでは、おすすめの布団乾燥機をまとめた記事も書いているので併せて参考にしてください。

読むおすすめの布団乾燥機 | 徹底比較して選んだベストバイな製品を紹介します

コメントを残す

CAPTCHA