新生活には「家具・家電レンタル」がおすすめ!

電気ケトルの寿命は何年?修理できる期間や買い替えの目安などを解説します。

結論から言いますが、電気ケトルの寿命は最低5年です。

家電は壊れたら修理に出すのが基本ですが、メーカーに修理用の部品が保管されていないと修理対応してくれません。電気ケトルの場合、その期間が5年というわけです。(メーカーによって変わりますが)

部品の保有期間とは関係なくどのくらい電気ケトルを使ったら壊れるかは、使い方や使用する頻度によって変わってくるので一概に「何年!」とは断言できませんが、一週間に1度くらいの使用頻度なら7~8年くらいは使えるでしょう。

この記事では、各メーカーの部品保有期間や買い替えの目安、電気ケトルの処分方法などを分かりやすく解説していきます。

メーカー別の電気ケトルの部品保有期間

メーカー保有期間
ティファール記載なし
(保証は1年間)
タイガー10年
デロンギ 5年
象印 5年
バルミューダ 記載なし
(保証は1年間)
アイリスオーヤマ 5年
日立5年

ほとんどのメーカーが5年ですが、タイガーだけはお客様満足度の向上を目的として5年から10年に引き上げています。タイガー製の電気ケトルなら10年安心して使えるというわけですが、電気ケトル自体そこまで高額な商品ではないので、修理よりも買い替えたほうが良いケースがほとんどでしょう。

では続いて電気ケトルが寿命を迎えたか、まだまだ使えるか判断する目安について解説していきます。

電気ケトルの買い替えの目安

コンセントにプラグが刺さっていない

ないとは思いますが、コンセントに電気ケトルのプラグがしっかりと刺さっているか確認しましょう。ブレーカーが落ちていないかなどもあわせて確認しておきたいですね。コンセント自体が壊れている可能性も稀にありますし。

沸かすための水を入れ忘れている

電気ケトルには空焚きを防止する機能が搭載されているので、安全のためスイッチが入らないように設計されているものもあります。ちゃんと水が規定量入っているか1度中身を確認してみましょう。

電気ケトルと台の接続部分にゴミがついてしまっている

電気ケトルでお湯を沸かすときは専用の台に乗せて電源を入れますが、その接続部分に何かしらのゴミがついてうまく接続できていないという可能性もあります、接続部分を1度確認してみましょう。

さっきお湯を沸かしたばかり

沸騰させてすぐは温度が高いため、安全のため電源がすぐ入らないように設計されている電気ケトルもあります。少し時間を空けてもう1度電源を入れ直してみましょう。

専用の台にきちんと乗っていない

ちゃんと載せているつもりでも、少しでもずれていると接続せず正常に動作しない可能性があります。斜めになっていないかなどを確認し、きちんと置き直してみましょう。

水漏れしているときは

やってしまいがちかもしれませんが、電気ケトルは水で丸洗いしてしまうと故障の原因になりかねません。中には丸洗い可能な電気ケトルもありますが、洗いたいと思った時は念のため丸洗い可能かどうかを確認しましょう。

丸洗いに対応していない電気ケトルを万が一丸洗いしてしまった場合、完全に乾いたとおもっていつも通り使ってしまうとショートや感電、火災の原因になってしまう可能性があります。

1番濡れてはいけない場所は、電気ケトルと接続台をはめ込んでつなぐケトルの底の真ん中のくぼみの部分です。

そこが濡れてしまうと故障につながるので、濡れてしまった場合は拭き取れる水分はできる限り拭き取り、最低でも3日間から1週間程放置して完全に乾かしましょう。その間は絶対に電気ケトルは使用しないようにしましょう。

1週間程度乾かして水気が完全になくなり、電気回路が無事であれば今まで通り元気にお湯を沸かしてくれます。

底のプレートの変色

電気ケトルを長く使っていくと、ケトルの底に斑点やサビなどが出てきてしまうことがあります。その正体がサビなのであれば、新しい電気ケトルに買い替えを検討してもいいかもしれません。

斑点の場合は、市販の洗浄剤で洗浄することによって取り除くことができます。カデンティティがおすすめする洗浄剤を載せておきます。

斑点を取り除けたとしてもその斑点の正体が何かわからず、体に悪影響があるのではないかと考えてしまうかもしれませんが、斑点の正体は水に含まれるミネラルです。

長く電気ケトルを使っていると、水の中に含まれるマグネシウムやカルシウムなどがケトルの底にこびりついてしまい、斑点のようになって現れるようです。

なので私たちの体には悪影響はないのですが、電気ケトルの体には悪影響をもたらすものなので、定期的にきれいに洗ってあげましょう。

放置してしまうと、さらに底にミネラルの成分が溜まっていってしまい、熱伝導率が悪くなっていき電気代が高くなってしまう可能性があり、電気ケトルの故障にもつながります。

電気ケトルの処分方法

電気ケトルは「小型家電リサイクル法」という法律の対象品目なので、適当な捨て方はできない電化製品です。

電気ケトルの捨て方は少しややこしく、住んでいる地域や自治体によって不燃ごみや粗大ごみなどの分別の区分が違ったり、プラスチック製かステンレス製かによっても分別の区分が異なったりしてきます。

「電気ケトル 処分 住んでいる地域名」で検索すれば、自分が今住んでいる地域では電気ケトルが何ゴミなのかが出てくるので、ちゃんと調べてからゴミに出しましょう。

小型家電リサイクル回収ポータルサイトという便利なサイトもありますが、電気ケトルの選択欄がないので上記のように検索するのが確実と言えます。

または、メルカリなどのフリーマーケットアプリでジャンク品として出品するのも一つの手かもしれません。めちゃくちゃ汚れているときや、サビが酷い状態だと買い手がつくかはわかりませんが、まだきれいな状態だと喜んで買ってくれる人もいますし、売れると少しのお小遣い稼ぎもできます。

まとめ

この記事では電気ケトルの寿命、買い替えの目安、処分方法などをご紹介しました。

5年間は部品があるので安心して使うことができますし、メーカーによっては無償で修理してくれることもあります。処分をする時は、各自治体の規定に沿って捨てれば問題なしです。

新しい電気ケトルを購入するときは、あわせておすすめ商品の記事も参考にしてください。

読む【2021年版】電気ケトルおすすめランキング4選!自信を持っておすすめできる電気ケトルを紹介します。

コメントを残す

CAPTCHA