新生活には「家具・家電レンタル」がおすすめ!

体重計・体組成計の選び方 | 健康管理やダイエットの助けに欠かせない

ダイエットや日々の健康管理のお供として使われる体重計。定期的に乗ることで体重の増加や減少を数値で知ることができるので、健康的な生活を送るうえで非常に役立ちます。

ですが、体重計は各メーカーから様々な商品が発売されていて、種類も多くどれを買えばいいかわからないと思います。そこでこの記事では、アナタに合った体重計を探す手助けをするために、失敗しない体重計の選び方を解説しています。

お気に入りの体重計を購入し、日々の生活に役立てていきましょう。

種類は大きく分けて2種類。流行りはデジタル式

アナログ式は昔ながらのバネタイプ

昔ながらの体重計といった見た目。バネの力を利用して測定する体重計です。

体重計に乗るとバネが反発して体重を表示するので電池はいらず、値段も安く手に入れやすいというメリットがあります。

ただ、体重計に乗るたびにバネが反発するので物理的な消耗があります。デジタル式に比べると壊れやすいってことですね。

デジタル式はセンサーで細かく計測

最近の体重計といえば、このデジタル式を想像する人のほうが多いでしょう。先ほどのアナログ式とは違い内部に重量センサーが搭載されています。

バネはないので物理的消耗はありませんが、電池やバッテリーなどが必要となります。

中には体脂肪率やBMIなどを測定できる機能を搭載している体組成計もあり、値段は少しだけ高めです。

細かく測定したいなら測定タイプも重要

一般的な体重計

体重のみを測ることができるタイプ。

アナログ式はこのタイプのみですが、デジタル式の体重計でも価格帯が低いものは体重しか測れないタイプが多くあります。

細かく測定するなら体組成計

体組成とは、体を構成している骨や筋肉、脂肪などのことを指します。それを測定してくれるのが体組成計。

体脂肪率や内臓脂肪、筋肉量、BMIなどの測定ができ、両手両足測定タイプと両足測定タイプの2種類があります。

商品によって変わる計測項目

体組成計は以下のような項目の測定ができます。商品によって測定できる項目が違うので、どの機能が必要か事前にチェックしておきましょう。

  • 体脂肪率・・・体に蓄積される体脂肪の割合を示します。男性10%から19%、女性20%から29%が健康的な体脂肪率です。
  • BMI(Body Mass Index)・・・体の大きさを表します。BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) 18.5以上25未満が普通体重で18.5未満になると低体重、反対に25以上からは肥満となり、5単位ずつで換算し1度2度と表します。
  • 内臓脂肪・・・体内の胃や腸のまわりにつく脂肪のことを指します。エネルギーがなくなってきた際に一早く体にエネルギーを補充するための脂肪です。
  • 体年齢・・・基礎代謝をもとに自身の体を年齢で表したものです。例えば同じ体重であったとしても筋肉量や基礎代謝量の高さによって体年齢は異なります。
  • 基礎代謝・・・私たち人間が生きていくために最低限必要なものです。ベッドで横になり眠っている時でも心臓はもちろんのこと、その他の臓器や筋肉が24時間動き続けるために必要なエネルギー量のことを指します。
  • 筋肉量・・・除脂肪体重から内臓や骨量を引いたものを指します。男性26.5㎏、女性18.2㎏が筋肉量のおおよその平均となっています。
  • 体水分量・・・血液やリンパ液などの体内に含まれている水分のことを指します。健康な成人は体重の60%前後と言われており、年齢を重ねるごとに少しづつ低下していきます。
  • 推定骨量・・・骨全体の中にあるカルシウムなどのミネラルの量を指します。思春期頃から増加し、20歳頃でピークとなりそこから年齢を重ねるごとに減少していく傾向があります。

ダイエットや健康管理、筋力の向上など、ひとによって体重計の購入意図は違うので、自分がどういった目的で利用したいかというのを一度考えてみて体重計を選んでみるのもいいでしょう。

トレーニングや体の引き締めを目的としているなら、体脂肪率や筋肉量、基礎代謝が測定できるといいですね。ダイエットなら体脂肪率や内臓脂肪、基礎代謝が測定できる商品がおすすめです。

単純にお部屋の雰囲気に合わせられるようなデザイン重視で選ぶのもいいですね。そんな機能必要ないというのなら、シンプルな体重計でいいでしょう。

メーカーによる違い

体重計や体組成計を販売しているメーカーは多くあり、意識せずとも聞き覚えのあるメーカー名もあるでしょう。

  • タニタ
  • オムロン
  • パナソニック
  • ドリテック
  • エレコム

有名で主なメーカーはこの5社。どのメーカーも体組成計を出しているので、健康管理やダイエット、筋肉量UPなどで利用することができます。

タニタ、オムロン、パナソニックはシンプルで所謂デジタル式体重計といった見た目のものが多く、ドリテックは木目調など様々なデザインの体重計があり、エレコムはスマートフォンと連携することのできる体組成計が多くある印象です。

価格帯は安いもので1,000円台のものから高いものは数万円などと、金額の幅はかなり広く設定されています。

スマホ連携などの便利な機能

最近ではデジタル式の体重計の中で、その体重計専用のアプリをBluetoothやwi-fiで自分の持っているスマートフォンと連携をすると、今までの体重の記録やBMI、内臓脂肪レベルなど、その他の記録もすぐに確認することができるとても便利な機能を搭載しているものもあります。

例えば、我が家で愛用しているエレコムの体組成計は「ECLEAR」というアプリをスマートフォンにインストールすることによって、メインの体重から体脂肪率、骨格筋率、BMI、内臓脂肪レベル、骨量、基礎代謝量を簡単に見ることができます。

さらに、アプリ内の設定から目標体重を決めて設定することができ、1日ごと、週ごと、月ごとの3パターンで体重の変化を見ることができるので、これまでの努力を目で見ることも可能なのでダイエットにも最適と言えます。

実際に体重計を選んでいこう

体重計の選び方について解説していきました。あとは実際に自分にあった体重計を購入するだけです。

おすすめの体重計をまとめた記事も併せて参考にしてください。

読む体重計・体組成計おすすめ5選 | スマホ連携や正確な測定に優れた商品をご紹介。

コメントを残す

CAPTCHA