8月31日までエアコンクリーニングが1010円OFF

【保存版】エアコンの冷房と除湿(ドライ)の違いを徹底解説

普段なにげなく使用しているエアコンの「冷房運転」と「ドライ運転」の違いを考えたことがあるでしょうか?

私は「ものすごく熱い時は冷房で、控え目に涼しくしたい時はドライ」だと勝手に思い込んでいました。

今回この違いを書くにあたって調査したところ、私と同じように「冷房は凄く涼しくする機能で、ドライは優しめの涼しい風を送る機能」だと誤解している人は意外といました。

「冷房はまだ寒いからドライ運転にしとこうか?」なんて会話もよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょう。

ここでは、エアコンの冷房と除湿(ドライ)の違いを分かりやすく解説していきます。

エアコンの冷房と除湿(ドライ)の違いとは?

結論から言うと「冷房は部屋の温度を下げて、ドライは湿度を下げる機能」があります。

この説明だけでは分からない方が大半だと思うので、詳しく解説していきます。

冷房は部屋の温度を下げる

冷房の目的は、部屋の熱を取り除いて気温を下げることです。

まずエアコンが部屋の空気を取り込んで、空気中の熱を「冷媒」というガスに乗せて移動させます。

冷媒は熱を室外機に運び出します。(冷房をつけている時に室外機の周辺にいると熱い風を感じるのはこの影響)

熱が無くなり冷たくなった空気が部屋に排出されます。

これを繰り返す事により、部屋の中の空気の熱がどんどん奪われ、結果気温が下がっていくというわけです。

そう考えると、あまりに冷やし過ぎるのは体に良くないので長時間かけて冷房を低い温度のままつけっぱなしにはしない方が良いという事です。

ドライは湿度を下げる

ドライの目的は湿度を下げることです。

室内の空気を取り込んで熱交換器というもので熱を奪い、温度を下げていきます。

そこで集まった水をホースで外へ流します。

この動作を繰り返す事によって、湿度を下げて空気をさらさらにしていくのです。

ドライにも種類が2つある

ドライ運転にも弱冷房除湿再熱除湿という2つのタイプがあるということをご存知でしょうか。

2つの違いは以下の通りです。

  • 弱冷房除湿は部屋の温度を上げずに除湿する
  • 再熱除湿は部屋の温度を下げずに除湿する

単純に、除湿したいけど気温を下げたくない時もありますよね。

例えば洗濯物を乾かしたいけど、ドライをつけたら寒くなるから困るなんて事があると思います。

そんな時は気温を下げずに除湿出来る再熱除湿モードを使えば良いわけです。

電気代は冷房よりドライの方がかかる場合もあります

それでは冷房とドライとではどちらがより電気代がかかるのでしょう?

電気代は再熱除湿>冷房>弱冷房除湿の順に多くかかります。

なぜドライ機能である再熱除湿が一番電気代がかかるのかというと、再熱除湿は一度取り込んだ空気の温度を下げて除湿したあとに更に温め直す手間があるからです。

ちなみに弱冷房除湿モードと再熱除湿モードの無いエアコンなら、ドライより冷房の方が電気代がかかります。

エアコンの冷房と除湿の違いまとめ

  • 部屋が暑すぎて涼しくしたいなら冷房
  • 湿度が高いと感じたらドライ

と使い分ければ良いということです。

湿度を下げたいけど、寒くなるのはイヤだという方は再熱除湿機能が搭載されたエアコンを手に入れましょう。

日本の夏はとても暑くなりますし、そのうえ夏の時期は湿度も70%程に上がりジメジメしがちです。

生活の中で冷房とドライを上手く使い分けていきたいですね。

また、エアコンは年に一度クリーニングをして長持ちするようにしましょう。

【2018年版】エアコンクリーニング業者おすすめランキング【料金・口コミを徹底調査】

コメントを残す